S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:映画・ステージ( 12 )
穴/HOLES

■2003年/アメリカ■監督:アンドリュー・デイビス
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/148809/

シュールなタイトルとイメージ写真で前から気になっていた映画。
ツタヤのタダ券があったので借りてみました。

 お話は運の悪い少年が、無実の罪で砂漠のまん中の少年矯正施設に送られるところからスタートするのですが、のっけからおもしろい。
 少年の家系は100年前から呪われているという言い伝えがあり、過去のご先祖樣のおとぎ話めいたストーリーと現実の少年のストーリーが、交錯しながら語られていく樣は、マジックリアリズムを思わせる雰囲気になっています。この時空を越えたストーリーは、最終的にひとつに繋がり、大団円を迎えることになります。
 ストーリー自体はかなりブラックなのですが、もともと子供向けの人気小説だったそうで、かしこい子供が機転と勇気で悪い大人をやっつけて、最終的に子供の夢が全てかなうあたり、見終わった印象は「ホーム・アローン」に近いものでした。ディズニー製作の映画だけあってストーリーは王道なんですよね。でも、演出にちょっとアンダーグラウンドが入っていて「ホーム・アローン」in「ホーリーマウンテン」という感じでしょうか(笑)。とてもセンスのあるおもしろい作品だと思いました。

 ちなみに役者も個性派ぞろいで、ジョン・ボイトのちょっと間抜けなカウボーイ役(「真夜中のカウボーイ」のパロディ?)が良く似合ってました。この人は最近、映画出演多いですね。見る映画見る映画、しょっちゅう出てます。つい最近見た中では「フランダースの犬」とか(笑)。娘が売れてるおかげなんでしょうか。
 それから好きな女優の一人、パトリシア・アークエットが、伝説の女強盗役で出ていました。この人はこういう、ちょっとキレちゃってる役が似合いますね。女版ゲイリー・オールドマンという感じでしょうか。この人の出ている映画はおもしろいものが多いように思います。
 あとはシガニー・ウィーバーが所長役で、「スノーホワイト」の継母役をおもわせるサドっぷりを発揮していました。ジョン・ボイトと並ぶと雰囲気が似ていて良いコンビでした。
 子供たちも魅力的ないい顔の子が揃っていて良かったです。

 地味だけどいい映画を見つけると、なんか得したような気分で嬉しくなります。夜中にやってる映画とか、おもしろいのが結構あるし。そういうのを見つけたらここに書こうと思います。

文責:Patことm
by perky_pat | 2004-11-18 19:52 | 映画・ステージ | Comments(2)
平成+たぬき+合戦+ぽんぽこ=平成たぬき合戦ぽんぽこ
熊受難の年ですね。今年は異常気象のせいで、かれらの食料となるような木の実などが不作なのだそうです。食べ物を求めて人里に現れた熊が、毎日のように射殺、あるいは薬殺されています。生まれてそんなに経っていない小熊ですら。殺されなければいけなかったのかなぁ、と単純に僕は思ってしまう(捕獲後眠らせて山奥まで運んで放す基本方針をとっているという、京都のような地域もありますが)。

熊に限らず、世界は動物達にとっては、だんだんと住みにくい場所となっているようです。スタジオジブリの映画、『平成たぬき合戦ぽんぽこ』は、狸受難の物語です。話の筋は、自然豊かな山でニュータウン(多摩ニュータウンがモチーフらしい)開発が始まり、そこを逐われた狸たちが面妖な力を用いて人間たちに対して抵抗を試みる…といったところです。mが出かけていて、僕は家でひとり。暇を持て余し、そのとき偶々テレビでかかっていたのを観なければ、この映画のことを気に留めることはなかったでしょうね。じつはすごくおもしろかった。

ジブリの作品は有名どころはだいたい観ていますが、『平成たぬき合戦ぽんぽこ』というなんとも形容し難い題名のこいつはノーマークでした。平成?たぬきの合戦?それにぽんぽこ?なにそれ?っていう感じ。話は変わりますが、それにしても、たぬきってたぬきっていう口にする音(おん)もマヌケだけど、そこにただたぬきってひらがなで書いてあるだけで、マヌケ度/破壊度が2倍にも3倍にもアップしますね。映画を観ればこの題名の狂いっぷりもよく解るのですが、同時に、この題名でお客を逃しているような気もすこうしする。

映画では結局、抵抗は徒労に終わり、最後までたぬきは人間に打ち勝つことはできません。そしてかれらの大部分は、じぶんたちを人間の似姿にかえ、人間の習慣を学び、人間の世界に溶け込もうと方向転換をはじめます。文字どおり人間に化けるわけです。これを監督したのは高畑勲氏。ジブリの良くも悪くも顔である宮崎駿氏が、「人間が自然に勝ることはない」ことを、そのメッセージとして盛り込んだ作品をいくつかものしているのとは正反対です。どちらかと言えば、暗くて悲惨な話なのですが、演出が上手いんでしょうね。さらっと見せ、そうは感じさせない。そう、演出。この映画の肝は、演出にあると思います。

のちに借りて来たビデオで観たmもおもしろく感じたようです。彼女のような、ジブリ=宮崎映画が苦手な方もイケるかもしれません。


文責:Perkyことvicke
by perky_pat | 2004-10-18 01:57 | 映画・ステージ | Comments(0)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/


mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください

youtube channel perkypatinfo
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
すっかり遅くなっちゃった..
by モモ母 at 01:08
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧