日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日曜日
b0035072_22264270.jpg
ヨーグルトを食べて
b0035072_22271483.jpg
また公園まで
b0035072_2235397.jpg
散歩へ
b0035072_22265324.jpg
出かけた
b0035072_22272521.jpg
園内にいっぱいある紫陽花には、つぼみや開きかけの花びらががちらほらと 来週あたりすごくきれいかも
b0035072_2227965.jpg
雨あがりで芝生の地面のコンディションがそうよくなく、陽も傾きかけていたので、いつものように家族連れの姿はみられなかったけれど、散歩の犬たちがたくさんいた
b0035072_22272084.jpg

b0035072_22265915.jpg
ところでなにかくれるんですか?           イイヤナニモナイヨ!
b0035072_222745.jpg
1時間ほどぐるぐるして帰りました



文責:vickeakaperky
[PR]
by perky_pat | 2008-05-26 22:27 | あにまるs | Comments(2)
最近出あった(おそらくは犬好きの)ひとびと
1  
うちの最寄り駅のひとつとなりの駅の周辺にひろがる街。あるところにはワンブロックにスーパーマーケットを中心としたショッピングモールができあがっていて、ごくふつうの生活をしている限りは、必要なものはそこへ行けばたいていのものは揃う、という感じだろうか。パクが我が家にやってきてからは、休日には普段の日よりもちょっと遠くのほうにまで足をのばして散歩に出ることが多い。で、うちからこのショッピングモールまで行って帰ってくると、犬にとっても(もちろん我々がかってに思っているだけだけれどもね)人間にとっても、良い具合の距離を歩いたな、と思えるわけなのです。さて、ここまでやってくると、だいたい31(サーティーワン)でアイスクリームを買ってベンチに座って舐めて、スーパーでちょっと食品やアルコールの類を購入して家路に着くのですが、その日はmがケーキ用の材料をもうひとつのスーパーのほうに見に行きたいということなので、アイスクリームのカップを空にしたあとに、歩いて5分ほどのいつもは行かないスーパーマーケットまで向かう。僕とpは店には入れないので(いや、僕は入れるけどね!)、外でmが買い物をして出てくるのを待っていた。持ち帰りの焼き鳥の屋台が出ていて、とてもいいにおいがする。高校のとき帰りによく駅前でサークルの先輩に焼き鳥おごってもらったな、なんて20年も前、20年も前!!のことを思い出していた。見ていると屋台にはひっきりなしに次から次へと人が買い求めに来る。おいしいのかしら、買って帰ってみようかな、なんて考えていると、「犬さわってもいいですか?」と話しかけられた。目の前におとこの子が立っている。ちっこくてメガネをかけてて、小学校4年生ぐらい(かな、と思ったら果たしてそうだった)。「どうぞ、さわってやって」と、握っているリードの手を緩めて、その子のほうへパクを近づけさせた。犬に触れる前に「さわってもいいですか」と訊いて許可を請う子供の親ってきっとちゃんとした人なんだろうなと、そう言ってくる子供に出会うたびにいつでも思います。「ぼく犬が好きなの!!」「犬なにか飼ってるの?」「ううん、マンションが犬飼っちゃダメなところだから犬飼えないんだけど、ぼく犬が大好きで犬のことよく知ってるから!」「へぇ、そうなんだ」。そのわりに、パクがぐいと近づいたりちょっと飛び掛かりぎみになると退いちゃって、きみホントはちょっと犬怖いんじゃないの?というような感じもあったんだけど、犬にとても興味があって、好きなのは見て取れた。「名前なんていうの?」「パクチーだよ」。「コレなんて犬?」「ビーグルだよ」。こんどは僕がパクの顔を覗き込んでいるかれに訊く。「犬飼うんだったらなに飼いたいの?」「ミニチュアダックスフント。友達のところにいるのがとってもかわいいから」「いつかきっと飼えるようになるといいね」と言って、ほんとうにそうなりますようにと思った。「いま何年生?」「小学4年生」。小学4年か。僕はきみぐらいの歳に、街なかからいま実家がある場所に引っ越してきたんだっけ。開発がはじまったばかりの郊外の新興住宅地で、その頃は野犬がウロウロしていて、よく捕獲檻が登下校に通る道の脇とか空き地に置かれていた。ま、犬が入ってるとこなんてついぞ見かけることはなかったけれど。スーパーの入り口に面した歩道の端っこにお尻をつけて座り込んで一心にビーグル犬を撫でる小学4年生と、その犬のリードを握る、小学4年生だったのはもう30年ほど前のことになるヒゲ面のおっさん。この子がたとえばこのすぐあと行方不明にでもなれば、僕は不審者として、この光景を目にしたひとの記憶から穿り返されて警察にしょっ引かれ事情訊かれたりするんだろうか。それならば怖いな。「きみ名前は?」。こたえてくれるかな? するとすかさず、「N.Rタ。Nは×××××の××、Rは×××っていう字でタは太いっていう字。×××っていう字は×××じゃなくって×××のほう」。そのあとR太くんは自分のことを喋りだして、結局僕はその5分ほどのあいだに、このおとこの子の住んでいるところ(目の前のスーパーのすぐ裏手に建つマンションだった)、家族構成、果てはママの田舎がどこか、年に何回いつ帰省するかということ、ママはかれのお姉ちゃんを産むとき難産だった、ということまでわかってしまった。危機管理意識なさすぎだけども、こういうところが子供のいいところなんだろうな。最近よくいるヘンに古ねた子よりもよっぽどいい。おもむろに「犬だっこさせてください」(←時折こういうふうに丁寧な言葉になりました)。2回目のヒートをむかえた後、ちょこっとグラマーになったパクを抱いて持ち上げ、かれの細い腕に託す。渡した瞬間ちょっとよろけたので「だいじょうぶ?」と訊くと「だいじょうぶ」とのこと。だけど、やっぱりちょっと無理してそうだったのと、パクがじたばたしはじめたので地面に降ろさせる。「重かったでしょ?」「重くありませんでした!」。と女房が買い物を終え出てきた。「これ僕の奥さん」「このおとこの子はR太くん」。それぞれに紹介する。女房も交えてしゃがんでそれから10分ぐらい話していただろうか。陽が落ちてきてちょっと暗くなってきたので、「ごめんね、僕らもう帰らなくちゃいけない」と立ち上がると、R太くんが「ありがとうございました」と。「こっちこそありがとね」と返しさよならをして歩き出してしばらくして、じぶんたちにかれぐらいの歳の子供がいてもぜんぜん不思議じゃないことに気がつき、ショックを覚える。


2  
パクのフードがなくなりつつつあったので、いつものペットショップへ買出しに出かける。クルマで10分ぐらいのところ。この日は月に2回ある、ポイントカードにいつもの2倍スタンプを捺してもらえる日。うちはいちどここへ買い物に来れば結構な金額を購入するので、捺してもらえるスタンプの数は大事なのだ。ひとと、かれらが連れている犬で店の中はごったがえしていた。興奮してぐいぐい引っ張るパクについていくと、そこにパグがいた…パグかしら?ちょっと違うかもなにか混ざっているかもえっビーグル?…、というふうに1/8秒ほどのあいだに考え、リードの端っこを持っているはずの飼い主さんに「こんにちは」と声をかけ顔を向ける。ケルト系の顔。相手は40代後半ぐらいかな。C.W.ニコル氏(しかも80年代の)にちょっと似ている。「こんにちは」。ニホンゴワカリマスカ?と考えつつ、「このコはパグですか? 何か他の犬の血が入ってますか?」と続けて訊ねる。と、こちらがビーグル犬を連れているからそう答えたのだと思うけれど、ちょっとしてから「fake beagle!」と返してきた。ニセモノビーグルかよ。おもしろいこと言うなこのガイジンのおじさん。「フェイクビーグル!」とオウム返ししてゲラゲラ笑っていると、「おとーさんがビーグル、おかーさんがパグです」。やっぱり。何年か前にアメリカでパグとビーグルのミックス犬、「パーグル」っていうのが人気だとかってきいたことがあって、ネットの画像なんかでは見たことがあったけれど、実物のその犬を目にするのははじめてだった。貫禄があったのでパクより年上かと思ったのですが、まだ1歳とのこと。名前はTくん。パクがぐいぐい迫り、Tくんは退く退く。スタッズがたっぷり奢られたカッコイイ革のカラーをしていたので(もちろん犬が)、女房と「カッコイイですねー」「よく似合ってますねー」と口々にほめると、いやお世辞でもなんでもなくカッコよくって、ほんとにそのコに似合っていたからそう言ったんだけど、そしたら、「ぼくの奥さんがこのお店(:カラーを作ってる工房のことかしら)でアルバイトしてます。このあいだもマクハリでショウケースがあったので行ってきました!」。それぞれの犬たちがお互いにそう興味もなく、退屈そうな雰囲気になってきたので、ありがとうございましたとお礼を言い、その場を辞した。ところでその飼い主さん、両の鼻の穴を完全にふさぐように顔に絆創膏をいくつも貼っていたのがひじょうに気になって気になって。じつはかれが連れていた犬よりもそのことが気になった。思い出したのは、『ダージリン急行』の(オーウェン・ウィルソン演じるところの)長男の包帯絆創膏だらけの満面創痍のあの顔 …いや失敬。


3  
休日出社で駅前まで向かう女房についてパクの散歩。駅のそばでかの女と別れた。その後、僕とパクは線路づたいに歩き、となりの駅を目指した。早足で歩みを進めていると、うしろから、「すいませーん、犬さわらせてください」と声をかけられた。立ち止まり振り向くと、小学3年生ぐらいと、小学2年生ぐらいに見えるおんなの子らがそこにいた。ふたり乗りでキックボードを飛ばしてきたらしい。ふたりは顔がよく似ている。かの女たちはきっと姉妹に違いないなんてことを考えながら、「どうぞどうぞ」とパクチーをふたりに差し出す。見たところ犬の扱いに慣れているようなので、「おうちで犬飼ってるの?」ときいたところ、「飼ってない」とのことだった。「でもおじいちゃんの家で犬飼ってる。柴犬」「あたしビーグル大好き!」。これまで犬が好き、という子供らにはたくさん出会ったが、「ビーグル」と、具体的に犬種を挙げて犬が好きと言う子には、憶えているかぎりではお目にかかったことはない。「ビーグルのどこが好き?」「かわいいところ!」。そうか、ビーグルはかわいいよね。僕も犬のなかでいちばん好きさ。とりわけ陽気で食いしん坊で頑固で冗談が通じなくちょっと臭いところがね。「おじいちゃんち今は犬しかいないけど、前は猫も7匹いた」。猫7匹!でもその7匹の猫はいまはどうしたのだろう? 「あたしまえはおじいちゃんちに住んでた」。けっこう長い時間、しゃがんで話していた。夕刻に近いような時間帯。住宅街で僕らがいまいるのは駅に通じる道の上だから、ひと通りは多い。だけども例えばこの子らがきょう夕食の時間になっても家に戻らない、なんてことになったらば僕はきっと不審人物として、僕らの横を通り過ぎたり、あるいは僕らのことを目にしたひとびとの記憶のなかから引き摺り出され警察で事情を訊かれたりするんだろうか。それは嫌なことだ…という僕の考えを読んだのか、年上に見える子がいきなり、「どうもありがとうございました!」と言って、妹に見える子とキックボードにまたふたり乗りで走り去っていってしまった。ちょっとほっとしたけど、近ごろ、嫌な時代になったものでございます。


4  
髪を切りに行く。いつも切ってくれるトールくんの実家で最近トイプードルを飼いはじめたのは前回かれから聞いたのだけど、そのときはまだその犬を見ていないとのことだった。トールくんは実家を出てひとりぐらしをしている。それで今回、「実家帰って犬にあってきた?」と訊ねたところ、「まだあってない」との返事。「実家に犬がいると思うと帰りたくない」(かれが猫派なのは知ってる)「なんでうちトイプードルなんて飼ったんだろう」「うちの実家に合うのはぜったい雑種ですよ」とか、あれれ、なんだかボヤいている。かれのアネキ家族が実家には住んでいるらしいが、その子供たち(つまりかれの甥あるいは姪にあたる子ら)が犬を飼いたいと言い出したらしい。「ぼく犬だったらシュナウザーが好きなんですよ」。ああ、そうだったの。ここのところ連れてるひとよく見かけるよね。人気犬種ぽいよね。トールくんは、あのヒゲがたまんないんだそうな。そういえば犬友でシュナウザーとビーグルいっしょに飼ってるひとがいるよ、と返したら、「反対にビーグルってあんまり見かけませんよね」「うん、そうかもね」。ビーグルは飼いやすい犬として名前を挙げられることも多いけれど、ほんとに飼いやすい犬かというと、それはじつは違うんじゃないかと思うこともある。たしかに身体は丈夫だし、トリミングなんかも連れて行かなくていい。そういう意味ではラクで飼いやすいと言える。でもビーグルって活発で激しいから、とくにこんな街のど真ん中で飼う犬としては適さないのでは。ビーからくらべると、シュナウザーのほうが穏やかでおとなしいようだから飼いやすいのかもしれない。実際、髪を切ってもらったあと、お店の周辺でシュナウザーを歩かせているひとをびっくりするほど何人も見かけた。トールくんには「プードルってすごく賢いんだよ、遊んだら楽しいよ。それにきっとかわいいと思うに違いないから、いちどあってきたら」と言っておいた。

b0035072_23161511.jpg
なにか?
b0035072_23221539.jpg
なにか???????

…いや、目ヤニがついてるもんで…

文責:perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2008-05-23 23:34 | あにまるs | Comments(4)
母の日のダークフルーツケーキ
お菓子作りにはまり出してすぐ、母の日はパウンドケーキを贈ろうと思い立ち、入れるものや配合を変えたりと"研究"の日々。結局、ベーシックな配合のダークフルーツケーキを焼くことに決めました。自分で漬けたドライフルーツのラム酒漬けと、バターをたっぷり使っているので日持ちもするんじゃないかなあ。いつもあっという間に食べちゃうので、日持ちの実験はできてないけど(笑)。
b0035072_1653599.jpg
これがドライフルーツのラム酒漬け。中身はレーズンといちじく、アプリコットにクランベリー。できるだけオーガニックなものを使いたいと思ったけど、案外手に入りにくく、アプリコットとクランベリーは一般的なドライフルーツを入れました。フルーツを湯切りして(大きいものは食べやすくカットしておきます)、熱湯消毒した瓶に入れてヒタヒタまでラム酒を注ぐだけ。とっても簡単でした。まだ10日くらいしか漬けてないのですが、このまま数ヶ月置いておけばもっとまろやかな味になるんでしょうね。干しいちじくのぷちぷち感がかな〜り良い感じ(^^)。
b0035072_16544189.jpg
で、こちらが完成品! これが美味しいの〜。ラム酒漬けのほかに市販のミックスフルーツの砂糖漬けを入れているので、フルーツが全部で11種類入っているんです。このご時世にバターもたっぷりだし、ちょっとした贅沢品でしょ(笑)。バターケーキって少し時間が経つとしっとりしておいしいんですよね〜。フルーツの甘味を活かしてお砂糖を控えめにしたのもポイントかな。かなり気に入っているので、レシピをメモしておきますね。バターが手に入ったらぜひお試しください☆

◎ダークフルーツケーキ◎
小さめパウンドケーキ型1本ぶん(約16cm×6.5cm。Matferケーキドロワ16cmを使用)

【材料】
バター 80g
卵 80g(Mサイズを1.5個)
砂糖 30g(フルーツの甘味が少ない場合は10〜20g増やす)
薄力粉 50g
アーモンドプードル 30g
ベーキングパウダー 2〜3g
ドライフルーツのラム酒漬け 50g
フルーツの砂糖漬け 50g
ラム酒 大さじ1/2
塩 少々
<トッピング用>
ナッツやドライフルーツ 5〜10g
ラム酒 大さじ1

【作り方】
1:バターは室温で柔らかくなるまで置く。溶かしバターにしないよう注意。
  塩ひとつまみと砂糖を加え、ハンドミキサーで3〜4分しっかり泡立ててクリーム状にする。
  オーブンは170度に暖めておく。
2:ほぐしておいた卵を4〜5回に分けて加え、その度にハンドミキサーで素早く混ぜる。
3:フルーツ類とラム酒を加えてヘラでまぜる。
4:ふるっておいた粉を加えてヘラでさっくりと切り混ぜる。
5:ベーキングペーパーをしいた型に生地を流し入れ、トントンと底を落として空気を抜く。
  上にトッピングを散らす。
6:オーブンに入れ、170度で40分くらい焼いたら完成! 
  (途中18分くらいで上面に良い焼き色がついたらホイルをかけて焦げを防ぎます)
7:暖かいうちにハケでラム酒を塗り込む。(2度塗りしてもOK)
  あら熱が冷めたらラップやホイルなどで包み、さらにジップ袋などで密閉して寝かす。
  (翌日以降から美味しくなります)

本には1週間以上寝かせるべし、なんて書いてありますが。。。とても我慢できません(><)。作ってから2〜3週間は日持ちするらしいんですが、試そうと思ったら何本くらい焼けばいいんだろう(^^;;。ちなみに1本1500kcalくらいあるので食べ過ぎは危険です(笑)。神戸と富山には今朝到着したそうで、1cmとか5mm単位で切って食べているんだとか。。。どれくらい日持ちしたか今度教えてもらうことにします。美味しいと喜んでもらえましたが、年寄りにはちょっと重いケーキだったかも(しかも2本も送っちゃった)。

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2008-05-08 23:57 | レシピ | Comments(4)
////////// goooooldeeeeeeennnnnwweeeeekkkkkkkk
b0035072_20303955.jpg
ゴールデンウィークの後半初日、止せばいいのに(GASも高いし!)東名を使い西へ向かう  混んでるだろなと思いつつ朝8時ちょいまえぐらいに家を出ましたが、やっぱり混んでた(つーか246からもう渋滞してた)
b0035072_20304917.jpg
渋滞とはいっても完全に流れが留まってしまい、そのままかなりの時間じっとしてるということもなく、なんとなくではあったもののゆるりゆるりと動いてはいたので、そんなにストレスではなかった 
b0035072_2031079.jpg
それでもあたくしもう疲れました
b0035072_20305580.jpg
もうやってられません おなかもへったしおうちへ帰らせてもらいます
b0035072_2031620.jpg
で、どこへやってきたのかというと…富士の裾野の十里木高原  今回は親父とオフクロ、それにO叔父(すなわち親父の弟に当たる)夫婦がいっしょ  ところで写真は近くの広っぱです  ふだんひとなんてほとんど見かけないここになんでこんなにひとが出ているのかといいますと、年にいちどのフリーマーケットの日だから
b0035072_20311192.jpg
われらY家も参加  出し物は親父手製の鳥の巣箱と給餌器(バードフィーダー)  それと叔父たちの持ってきたたくさんのぬいぐるみ!
b0035072_20323988.jpg
巣箱はそこらの樹木にこういうふうにくくりつけています(これは前につくったもの)  バードフィーダーは鳥にもリスにも
b0035072_20311925.jpg
売り子たち: 左からO叔父さんとT叔母ちゃんの夫妻、それにオフクロ、右手前に見えるは女房の背中  写真の中にはぼくと親父は見えないけれど、この中でいちんばん商売に向いているのは、じつはウチの女房なのであった  でも結局この日売れたものは巣箱がふたつだけ!  商売ってむつかしい
b0035072_20312465.jpg
叔父たちの飼い犬、ルル  ワイヤーヘアードフォックステリアの女の子、5歳

b0035072_20312875.jpg
これはパク(見りゃわかるっての)
b0035072_2031328.jpg
これはパクとルル
b0035072_20313622.jpg
ルルとパクってやっぱり犬種の差(テリア/ハウンド)というのもあるのだろうけれど、犬とはいってもぜんぜん違う。なんでウチのお犬はこんなにガサツで食いしん坊なのかしら?と不思議に思う  え?なに?犬は飼い主に似るって?
b0035072_20314172.jpg
パクはこういう芝生の広っぱが大好きです  ごろごろ寝っ転がれるし、そこに生えてる草なんかを食んだりすることもできる  とくにこの日は天気もすごくよくてあたたかく、
b0035072_20314593.jpg
それにひとのそばにずっといられるし
b0035072_20314927.jpg
なでてもらえたりもする  こういうふうに  なので始終すごくごきげんでした
b0035072_20315486.jpg
山桜(のようなもの)

b0035072_2032253.jpg
その翌日、月曜日  昨日とうってかわって雨と霧  このあたりのデフォの天候はこうですが、休みの間ぐらいは晴れててほしかった  でもフリーマーケットの日は快晴でほんとによかったなと思う
b0035072_2032684.jpg
昼はちょっとクルマで行って蕎仙坊(キョウザンボウ) へ  きょうは細打ちばかりを盛ってもらいました
b0035072_20321156.jpg
たのしみにしていた団子がきょうはできないというので、寒天を使った甘いもの(名前失念)で〆  あんこときな粉、それに蕎麦の実を茹でたものがかかっていて、これもおいしかったです
b0035072_20321530.jpg
クックルー
b0035072_20321945.jpg
…鳩じゃなくてこれは鷹  3月に度肝抜かれたイルミネーションを見せられた「御殿場高原時之栖(ごてんばこうげんときのすみか)」にある鷹のオブジェ  3Dワイヤーフレームみたいですね  説明書きの看板があったみたいだけど、読むのを忘れました  帰るまでしばらく時間があったので、時間つぶし
b0035072_20322391.jpg
ライトアップに凝ってるみたいですね、ここは
b0035072_20322771.jpg
今の時期だと、お土産屋さんなどのお店は20時ぐらいまで営業しているようです  地ビール(御殿場高原ビール)3種セットを買って帰りました  ところで家路は高速が大渋滞だということなので、246一本で帰って来ました  それでもけっこう時間かかったけれども
b0035072_2032301.jpg
わらわは眠いのじゃ
b0035072_20323413.jpg
家に帰り着くとよくうちのお犬がとるポーズ  やっぱりこいつも家に帰ってくると落ち着くんだろうなあと思います

文責:perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2008-05-06 23:43 | あにまるs | Comments(2)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧