日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
パクチー歴1年
ちょうど1年前の10月12日、パクチーが我が家にやって来ました。
それ以来、我が家では西暦ならぬパクチー歴(A.P./Anno Phakchii)が始ったのです。
パクチー歴0年はなんとてんやわんやだったことか!
振り返るといろいろな事が起こったけどそれもあっという間でした。

一番大変で長く感じたのは最初の1週間、2週間。
寝姿は可愛くて天使みたい。
だけど起きてる間は噛む!噛む!噛む!!
ほとんど悪魔なんだもの。
手がボロボロになるまで噛まれて、手を洗うたびに染みて痛かった。。。
言葉はぜんぜん通じないし、玄関先で独り「どうして?」と呟きながら泣きました。
運動能力は日増しに上がって、いたずらはどんどんパワーアップするし
このまま恐ろしい犬に育つんじゃないかと途方に暮れたものです。
家に来た時の月齢は2ヶ月半、まだ赤ちゃんなんだから当り前だったんですけどね。

月齢で4〜5ヶ月になると身体の成長にようやく知能が追い付いて来たようで、
「ノー」、「まて」、「おすわり」などの基本的な言葉を覚えました。
この頃になると私たちもすっかり犬との生活に慣れて来て、
お散歩デビューなどの楽しい思い出もたくさんあります。

その後は怒濤のごとく。
10ヶ月くらいになると身体の成長が止まり、性格もはっきりしてきて、
パクチーの友好的かつやや臆病な性格が良く分かるようになりました。
知能は未だ発育中で、いろんな事をどんどん覚えています。
「こうかん」などの教えていない言葉をいつの間にか覚えていて、
ビックリする事もあります。
「こうかん」は例えばスリッパなどをくわえて逃げている時に
おやつを持って行って「交換しよう」なんて時に使うのですが、
今では何も持ってなくても「こうかん」と言うだけで
くわえているものをパッと離すんですよ。
1歳を過ぎてからは、やや落ち着いて考えられるようになってきたかな?
とは言え、まだまだいたずら盛り! 一瞬たりとも目が離せません。

パクチーと暮らす1年は楽しくて楽しくて、
今ではBefore Phakchiiの時代に自分が何をやっていたかも
思い出す事ができないくらいです。
どこにでも犬を連れ歩くようになって運動量が増えたし、
超インドア派だったのに郊外へ旅行するようになったし、
陽に当たるようになったし、友だちが増えたし、
なにしろ笑顔が増えました。
以前はもっと気分が落ち込む事が多かったはずなんだけど
今はほとんど落ち込まないですよ(それはそれで問題?!)。
いやほんとにいい事づくし。
悪い事をひとつ挙げるなら、部屋が毛だらけになった事くらい。。。
だけどそんなのはすぐ慣れます!

これでも犬を飼うと決める前は悩んだ時期もありました。
一番考えたのは、犬が死んでしまった時のこと。
飼う前からそんな先の事心配しなくてもという感じもしますが(^^;;。
そんな時に読んで、自分の中でふんぎりをつけてくれたのがこちらの漫画。
「犬を飼う」谷口ジロー著
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4091837115/
弱っていく老犬の最期を淡々と描いた物語で、実体験をもとにしているそうです。
悲しい話なのに、逆に犬と過ごす時間の素晴らしさの方が心に残りました。
いまは飼って本当に良かったと思います(^^)。

それから、ランのお友達に良くできた漫画を教えてもらったのでちょっと紹介。
東京都が配付していた、犬を飼う前に読む漫画小冊子だそうです。
読んでみると思い当たるところがいっぱいあって思わず苦笑してしまう!
犬を飼おうと思ってる方には、こちらも一読の価値ありですよ。
「犬を飼うってステキです−か?」※Web上ですぐ読めます
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

はてさて、パクチー歴1年はどんな年になることでしょ?
請うご期待!

文責:Patことm

b0035072_23565527.jpg
b0035072_23571463.jpg
以上、ちょうど1年前のパク

b0035072_23572359.jpg
b0035072_23573264.jpg
以上、ついこないだのパク

[PR]
by perky_pat | 2006-10-12 23:36 | あにまるs | Comments(10)
名前の無い犬 2
たんぼのランでクロと出会ってちょうど1週間。
短い時間だったのにとても濃い経験をしたものだと思います。
まだ完全には終わっていませんが、ひと段落着きましたので
これまでの事をちょっとまとめてみました。
ひとつ前のトピックもご参考までに。
名前の無い犬

【土曜日】

初めて訪れたたんぼのラン。
お昼の約束だったのに出るのが遅れて到着したのは2時ころ。
10分ほど遊んでみたもののパクには合わない(すぐ脱走しちゃう)ことが分かって
引き上げようとしていたとき、農道を白いバンがこちらへやってきました。
黒い犬をノーリードで併走させながら。
バンがランの側に停まり、おじさんとおばさんが降りて来ました。
「この犬、畑で作業してたら付いて来て困ってるんだよね」
と言うなり、その場にいた私、Perky、I.Z.さん、奥様のwa!さんの元に
黒い犬を残し、ブォーッと車に乗って行ってしまったんです(@@;;;。
これがクロとの出会い。あっという間のできごとでした。
名前がないと不便なので「クロ」と名付けました。

クロと出会って身元を証明するものが何もないと分かった時、
混乱しながらもとっさに思ったのは「飼い主を探さなくては!」ということ。
そこはランの前だったから、聞き込みに回ったら何か知ってる人や知恵を貸して
くれる人が見つかるんじゃないかと楽天的に考えたからでもあります。
でも、実際はさんざんなものでした。
何か手助けするとはっきり言ってくれた人は2人。1割。
知り合いに電話したり、何かしら行動してくれた人も1割。
迷惑だ、帰れ、ここに犬を捨てられたら困る、犬をランの外に出せ、
などとはっきり拒絶反応を示した人が2割。
残りの6割は無関心、無反応。
そこにいた人たちの冷たさは想像を絶していて、
だんだんと日が暮れていくたんぼの真ん中で私は打ちのめされていきました。

私も最初、誰も飼い主さんを知らなければ警察に届けるしかないよね、
そのあと畜犬センターに連れて行かれるかもしれないけど、
仕方ないじゃないくらいに考えていました。
だけどクロと一緒に4時間〜5時間くらいそこにいて、
ひとかけらの憐れみすら与えてもらえないクロを見ていたら、
だんだん味方をしたくなっていった。
それはほかの3人も一緒だったと思います。

もうすでに大人だったから? 雑種だから? 迷子札がなかったから?
でも自分の犬が同じようにさまよっていたらどうですか?
私は誰かにひとかけらの憐れみをかけて欲しいと願います。

放って置いたら家に帰るだろう、っていう意見もあったけど、
クロはその場を動きませんでした。
だって犬がたくさんいるし、そこが楽しかったんでしょうね。

我が家にはテラスがあるからそこで預かれるんじゃないかと
何度も何度も考えたのにその時にはどうしても言えなかった。
パクはクロを怖がる様子を見せていたから、
預かったりしたらパクがストレスを感じるかもしれない。
吠え声が大きいから近所に迷惑をかけるかもしれない。
体が大きいから何をするか想像がつかない。
ずっと飼う気もないのに飼い主さんが見つからなかったらどうするの?
。。。否定的な事を考え出したらキリがない。
だまっていた私は無関心だった6割とそう変わらないです。

そんな時にたまたまおまわりさんが通りすがり
「そんなに困っていたなら警察を呼んでくれたらいいんですよ」
と言ってくれたときは、やっと肩の荷が下りたような気がした。
そのあとI.Z.さんが代表して書類を書く事になり、飼い主が現れなかった時は
引き取る権利を放棄するという欄にチェックを入れることになりました。
つまり飼い主が現れなかった時は処分するという事。
迷い犬を見つけた市民の義務はこれで終了なんです、基本的に。

警察署には何日置いてもらえるのか、畜犬センターに移送されたら3日で処分だ、
なんて声もランの方から聞こえてきて、暗い気持ちになっていたとき。
そんなときに今回のできごとのM.V.P.、Iさんが通りかかって、
何が起こったのかと話しかけてくれたのです。
彼女はすぐにはっきりと「助けましょう!」と宣言して、
助けてくれそうな人たちに電話をすると約束してくれました。
Iさんの勢いに押される形で、やっと「そうだ、助けよう」と覚悟が決まったんです。
警察に届けても終わりじゃない。
そう思ったのは、ほんとうに最後の最後で、あたりはもう真っ暗でした。

【日曜日~水曜日】

翌日は私もPerkyもすっかりへこんでいて、
雨が降っていたせいもあるけれど、外に出る気にもなれず、
パジャマのまま家にひきこもってコメディ映画なんかを観てました(--;;。
こんなに打たれ弱い人間だとは自分でもあきれます。

その間にもwa!さんとIさんが大活躍して、
クロの一時預かり先もあっという間に決まってしまいました。
私たちのホームグラウンドのランで協力を呼びかけたら
ケージやトイレトレーなどクロの生活に必要なアイテムを
提供してくれる方もいましたし。。。
こんなに運のいい犬は滅多にいないでしょう。

【木曜日】

一時預かり先のEさん宅にクロを連れて行く日は、
本来ならクロが処分されるはずだった日。
早い早い。畜犬センターに入ったら3日目に処分なんです。

久しぶりに会ったクロはとても落ち着いていました。
小さくキュンキュン鳴いて、顔をなめたりすりつけたりと甘えてきて、
すごく可愛い犬だったんだと、ちょっと驚きました。
体だってもっと大きい印象だったのに、そんなに大きくないのです。
土曜日はきっと私の目にフィルターがかかっていたんでしょう。
預かる事になるかもしれないって責任が大きくて重くて、
それがクロの姿を大きく見せていたんですね。。。

たんぼのランで出会ったIさんが紹介してくれたEさんは
実はIさんの通う教会の牧師さんです。
木曜に初めてお会いしたEさんと奥様は、初めて犬を飼うという事だったので
正直なところとても心配でした。
きっとクロを預かるにあたっていろいろな不安があるはずなのに、
それらを感じさせず、ほがらかに対応してくださって。。。
飼い主が現われなければこのまま飼う前提だとおっしゃっていただきました。
クロに対してごく自然に優しくできるEさんご夫妻を前に、
自分て心が狭いなあと反省してしまいました。(--;;

クロはすっかりEさん宅が気に入ったみたいです。
別れぎわEさんの横で尻尾をふりふりしている姿を見たら
「ありがとう、ぼくこのいえのこになります」
と幻聴が聞こえる気がしてなりませんでした(笑)。
といって、これからしばらくは私たちでクロの生活のサポートをするし、
全然お別れじゃなくてこれからなんですけど。

【土曜日】

1週間たって、クロからずいぶんたくさんの事を教えてもらったと思います。
迷い犬がいました。あなたはどうしますか?
これまで良いことは何ひとつしてこなかった自分ですが、
今回ばかりは「ついに順番が回ってきたぞ」という感じ。

私はボランティア意識なんて皆無、自分さえ良ければいいやっていうタイプで
良いことは、世の中の親切な人に任せとこうと思ってました。
だけど親切な人なんて、ほんとうに少なかった。
そして「自分さえ良ければいいや」って人のいかに多いことか。。。
こういう人が集団になると気味が悪いです。
変な話なんですけど、私は「ほたるの墓」を思い出したんです。
ちょっとまえにテレビ放送されていたので観たかたもいらっしゃるかと思いますけど、
ドラマ版「ほたるの墓」の中に自分の子を食べさせるためにせっちゃんたちを
家から追い出す、松島菜々子演じるおばさんが出て来ます。
私はあのおばさんのことを考えるたびに「鬼おば!」って憎らしくなるんです。
(あのドラマでは松島菜々子も一理あるって筋だったけど納得行かないし)
この心の中の「鬼」と同じものを、私はたんぼの真ん中で思い出したのでした。

だけどクロを預かるのを躊躇した私だってこのおばさんと同じなんだよね。
やっぱり、こんな「鬼」にはなりたくないです。。。

結果的に、これまでの自分ならやらなかったような事に関わる事になり
「かわいそう」って思っているだけでは駄目だとよく解りました。
とにかく何かアクションを起こさなくては意味がないのです。
最近ブログなどで話題になっている広島のドッグパークのこともそうですが、
「かわいそう」と思ったら祈るだけではなく(祈ることも立派なサポートの形ですが)、
それができる余裕があるのであれば、何か送る、寄付するなど、
具体的な支援行動を取ることが必要だと思います。

。。。長くなってしまいましたが、
こんなあれやこれやを実感した、濃~い1週間でありました。
自分でもこの一件で考え方がガラっと変わるなんて、正直意外でした。
これからはもっと「人間」的な行動を取ろうと思います。

ここまで読んでくれて、どうもありがとうございました。


追記: I.Z.さんのこのエントリも併せてお読みください。

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-10-08 03:56 | あにまるs | Comments(4)
名前の無い犬
b0035072_14362.jpg
b0035072_141050.jpg
b0035072_141533.jpg
b0035072_142290.jpg
b0035072_142882.jpg


横浜北部、田奈の期間限定のドッグラン。刈り入れの終わった田んぼを開放したところ。ちょっとものめずらしい。どんなところかと行ってみたら、迷い犬に出会ってしまった。

雑種、オス、年齢不明(歯が若干黄色いところを見ると、2歳以上ではないかと思う)、去勢済み、3枚目の写真に見られるように、しっかりした革でつくられた赤い首輪(一連の鋲が打たれている)を着用、鑑札/名札など身元をあらわすものは無し

「名前の無い犬」なんて題名をつけてしまったけれど、I.Z.さんの奥さんが便宜上「クロ」、と名前をつけています。

詳しいことは、I.Z.さんのブログのこのエントリをごらんください。
「迷い犬をめぐる話」
www.doblog.com/weblog/myblog/10593/2619544#2619544

この犬について心当たりのある方、ぜひ情報をいただけたらと思います。

文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2006-10-01 01:27 | あにまるs | Comments(8)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧