日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
清里旅行1日目:清里ワンワンパーク泊
今日のお天気:曇り
パクチーを連れての初めての観光旅行は清里へ。この辺りは犬連れOKの施設や、ドッグランがたくさんあります。2時間半のドライブの後、本日の宿泊先「清里ワンワンパーク」へ到着。ここは清里では一番広そうなドッグランと3棟のコテージを備えた施設で、中心街から少し離れた閑散とした場所にあります。昼前に到着したのですが、お客さんは誰もいなくてガラーンとしています。すぐ隣にある牛舎からはほのかに牛の。。。のかほりが(笑)。

ここに来て、まず最初に思ったのは「あれ? 想像してたのとずいぶん違ってるなあ」という事。もっと大きな施設でお客さんもたくさん来ているイメージだったのです。実はチェックインの手続きをして、壮大な勘違いをしていた事が判明しました。ここは「清里ワンワンパーク」、なのに私は「八ヶ岳ワンワンパラダイス」に予約したつもりだったの(^^;;。どうりで、地図と全然違う場所に着いたわけね(笑)。そもそも清里と八ヶ岳では場所がぜんぜん違うわけで、いまになってもなんで勘違いしていたのか不思議なんですが(汗)、なんでしょう。ここへ呼ばれてしまったのかしら。。。この辺り「ワンワンパーク」やら「ワンワンパラダイス」、「ワンハッピープラザ」に「ワンワンリゾート」なんて、やたらと「ワンワン」が付く施設が多いんです! 地図を見ていても混乱してしまうんですよねえ。
清里ワンワンパーク

とりあえず気を取り直して、お部屋に入れる時間までランで遊んで過ごす事に。ここは、広めのランが2つに、アジリティや水のみ場、日陰のベンチなど一通り揃っています。パクチーを放すと、走る走る!! 誰もいないランで縦横無尽に駆け回ってすごく楽しそう。
b0035072_20263558.jpg
↑いいところだねー。パクも気持ちよさそう。
b0035072_20264649.jpg
↑奥に見えるのは立派な桜、ヨメイヨシノ。この辺りは高地なので今頃満開なのです。
b0035072_20265636.jpg
↑走り回ってハアハア言ってます。顔が笑ってるでしょ?
b0035072_20282595.jpg
↑ひとしきり走ったら、木の枝を拾いに行くのがお約束。
b0035072_20283428.jpg
↑気に入った枝が見つかったらしくご満悦。
b0035072_20284588.jpg
↑それでもって噛む。せっかくのランなのに、走らなくていいの?
b0035072_20292270.jpg
↑噛んでる以外にはこんな事してました。
b0035072_20293276.jpg
↑平均台をそろそろ降りて来るところ。

午後に入ると何組かお客さんがやって来て少しにぎやかになりましたが、都会から遊びに来たワンコばかりで、内向的な子が多かったような。パクチーにしてもそうですが、ランに慣れてない子は独り遊びの方が好きみたいですね。後でやって来た9才になるというアイリッシュ・セッターのアレックス君、さすがに遊びなれている彼は、他のワンコたちに対しても友好的。ランのムードを明るくしていました。2時過ぎに一旦部屋に荷物を入れて一休み。ここのコテージ、こじんまりしていますが設備も新しく、清潔で好印象。こういうコテージに泊まるのは初めてですが、ホテルより気楽だしペット同伴の旅にはいいかもしれない。

午後からは清里の観光名所をざっと回りました。まずは有名なお菓子屋や、芝生のランがある牧場通りの「コート ドゥ ヴェール」へ。ここはきれいに造成されたエリアで、お客さんもたくさん来ています。犬連れOKというバーベキューのお店で遅いランチ。高いわりにあまり美味しいとは言えなかったのが残念。この辺りは観光地価格って事なんでしょうね。芝生のランは周りをぐるりと乗馬できるコースで囲まれていてきれいでした。次は同じく観光用に整地された「萌木の村」へ。ここは森を切り開いたなだらかな丘にロッジ風のお店が点在する、小さな集落のようなエリア。お店を覗きながらブラブラ散歩できて、私はとても気に入りました。奥にはメリーゴーランドの回るカフェがあって、通りかかると懐かしい音楽が流れてくるんです。曇り空の森の奥にいきなり現れたメリーゴーランド、ティム・バートンの映画のセットに迷いこんだような不思議な感じ。。。「萌木の村」の奥には「ともにこの森」というエリアがあるのですが、ここでは朝食用のパンとフルーティなキウイのジャムをゲット。パン屋さんの大きな窓からは牧草の広場が見渡せるのですが、その完璧な美しさにはしばし見とれてしまいました。。。まさに絵のよう。。。清里では度々、こんな素晴らしい風景を目にする事ができました。
コート ドゥ ヴェール
萌木の村
ともにこの森

最後は晩御飯の買出しのため、中心街から車で20分ほども離れた場所にあるスーパーへ。簡単に作れるモノって事でヤキソバの材料をゲットして帰ります。夜になると部屋にゲジゲジが2匹もやって来て、虫嫌いの我々はちょっとしたパニックに陥ったりもしたのですが(^^;;、パクチーも疲れてすぐ眠ってしまったし、リラックスして過ごすことができました。ほんと、このコテージ結構いいですよ。

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-04-30 20:28 | 旅行 | Comments(0)
伊豆旅行:パクチー編
今回の小旅行は、大きくなって来たパクチーにそろそろペットホテルでの経験を積んでもらおうという事で計画しました。普通は人間の都合でペットホテルに預けるんだけど、逆だったわけですね(^^;;。

パクチーを預かってもらう事にした、あざみ野の「癒育園」は、ペットフォレストという大型ペットショップの店内に併設された犬の保育園です。日割料金を払えばホテルとしても使えます。お店の通路に面したガラス貼りのお部屋で、昼は犬同士で遊んで過ごすのですが、いつ見てもワンコたちの様子が楽しそうなんですよね。出来た当初は犬が保育園に行くなんて!と月謝がそれなりに高い事もあって話題になったようですが、あの辺りは高級住宅街がある事も関係しているのか、いつも数頭来ています。

初めてのホテル体験を楽しく過ごしてもらいたいと思い、こちらに預ける事に決めましたが、初めて利用する際にはワクチン接種の証明書を提出するほか、生後何日目で接種したかなど、細かい審査があります(実はパクチーも規定の日時より、ワクチン接種が数日早かったのですが、なんとか預かってもらえることになりました)。こういった事前のやりとりは少々面倒ではありますが、それだけ管理がしっかりしているという事でしょうから、わたし的には好印象でした。料金はやや割高ですが、きめ細かく様子を見てもらえて、帰りには毎日の様子を記した連絡帳(!)までいただけるので、全体的に考えるととってもいいホテルだと思います(^^)。親バカなんでしょうけど、初めてのホテルで心配!って方にはオススメですよ。

さて、パクチーは癒育園でどう過ごしていたのかというと。。。
初日から緊張した様子もなく、おとなしめのワンコとはよく遊んでいたようです。常連さんのビーグルとは一番仲良くなったということでした。積極的なワンコはあいかわらず少し苦手で逃げ回っていたとか(笑)。全体的には良く遊び、良く食べ、良く寝て楽しく過ごしたようです。

迎えに行った日、久しぶりに私たちに会ったパクチーがどういう反応を示すか、きっと感動の再会!って感じになるんだろうなんて考えていたんです。ガラス越しに私たちの姿を見つけたとたん、ドアの前でピョンピョン飛び上がって騒いでいましたが、荷物をまとめてリードを付けられて出てきたときには。。。別に飛びつくでもなく、トコトコトコって足元にやって来て。。。それだけ(^^;;。え? 飛びついたりしなくていいの? こっちは毎晩、どうしてるかな? 今頃ごはん食べてるかな? なんてしょっちゅう思い出していたというのに、パクチーからしたら、「え? もう帰るの?」ってな感じだったんでしょうか。。。思わず寂しくなってしまう再会でした(笑)。ま、楽しく過ごしてもらえたらそれでいいんだけどね。

その後のパクチーはドッグランでもちょっと積極的になったようです。いい経験になりました。
b0035072_165158.jpg

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-04-28 21:06 | 旅行 | Comments(0)
伊豆旅行3日目:伊豆高原~湯河原~御殿場
【今日のお天気:晴れ】
最終日は思い切り快晴! こんな日にシャボテン公園へ行けば良かったと思いつつ、一路湯河原へ。伊豆半島の海岸沿いをビュンビュン飛ばして、昨年遊びに来た熱海を抜けて、窓を開けると潮風が気持ちよいドライブ日和。

お昼前に湯河原着。目指す「かぼちゃ美術館」は、草間彌生のかぼちゃをテーマにした作品を集めた美術館なのです。湯河原にポツンと、しかもなぜ草間彌生? 気になって、帰りに寄ってみることにしました。住所を頼りに探すとそこは普通の住宅街。こんなところに美術館があるの? 通りがかりのおじさんに道を教えてもらって辿り着いた所のは。。。普通に家っぽいんですけど、ここ(汗)。でも、確かに小さく「かぼちゃ美術館」の看板と、それにジャック・オ・ランタンの大きなフィギュアが飾ってあります。
b0035072_0584567.jpg
↑これが目印のジャック・オ・ランタン。

おそるおそる入っていって、インターホンをピンポーン。
「あのー、絵を観せていただきたいんですけどぉ」
「あー、はいはい。ちょっと待っててね」
玄関から出てきたのは、かぼちゃみたいなニット帽をかぶった陽気な雰囲気の老人。既におもしろい人オーラ全開です。
「じゃあ、上がって。2階にあるからゆっくり見ていってね」
とお宅へ上がらせてもらいました。
小品は廊下の壁からズラリと並んでいて、2階の広間には100号サイズの大作やオブジェなど。草間さんに頼んで描いてもらったという他では公開していない作品もあります。間近でじっくりと筆致を観察すると、草間彌生の尋常でない集中力にびっくりしますよ。これら全て館長さんの長年の個人コレクションというのだからすごい。コレクターさん宅訪問って感じですね。トイレにまで作品が飾ってあるんだもんなあ。
b0035072_0593486.jpg
↑ミラーボールのオブジェを覗いてみると。。。
b0035072_0594411.jpg
↑こんな感じのかぼちゃの絵が結構な枚数そろっています。

次は玄関をはさんで隣に立てられた新館の方へ。こちらは初期の網模様の作品から、花や果物をモチーフとした小品など幅広く置いてありますが、目玉は洗面所スペースを改装した全面鏡張りのミラールームでしょう。天井から床まで鏡張りなので、一歩入るとうわー、落ちるー(笑)! 江戸川乱歩の小説でこういうのあったよなぁって思い出してしまいました。「独りで入って自分を見つめてください」っていう注意書きが付いてたのも笑えますし、館長さんやっぱりおもしろすぎ。2階に上がると何故かバルタン星人をはじめとする、着ぐるみが置いてあるナゾのスペース。館長さん、昔は東宝に勤めていらしたそうで、円谷プロとも親交があってなんだかいろいろ集まっちゃったとのこと。不思議パワー全開です。

さて、そろそろ帰ろうと館長さんにご挨拶をしたところ、仕事は何してるのー、デザイナーなんです、などという話になり、あれあれという間に、じゃあチラシ作ってよーという流れで、何故か急遽打ち合わせに(笑)。カフェ(リビング)へ上げていただき、雑談しつつ今後のかぼちゃ美術館の展開、宣伝活動、お土産グッズのアイデア出しなんかをしていて、気づけばすごく長居してしまいました。館長さんのお話がおもしろいので、ついつい時間を忘れてしまいます。なんていうか、人を惹きつけるチャーミングな方です。草間さんの作品のパワーと合い通じるような気がしますね。ちなみに館長さん、お料理自慢だとか。カフェでかぼちゃのスイーツなんかも出しているそうですよ。湯河原のパワースポットかぼちゃ美術館、とにかくおもしろいのでオススメです(^^)。
かぼちゃ美術館
草間彌生

すっかりアタマの中がかぼちゃでいっぱいになったまま、御殿場のアウトレットへ寄り道。ここの駐車場、休日は混んで混んでどうしようもないですが、さすがに平日とあって空いてました。ぶらっと流して、こまごまとしたものを幾つか買って、急いで帰路へ。パクチー迎えに行かなくちゃならないし。

7時ころにペットホテルへ到着。数日ぶりに合ったパクチーは別にはしゃぐでもなく、「あれ? あんたたちもう帰って来たんだ。へえ」てな淡々とした態度で拍子抜け。もっと喜ぶと思ってたんだけどなあ。家に着くやいなや、パクチーはそのままお風呂へ直行。私たちも順番にお風呂に入って、今日は2人と1匹、早々に爆睡でしたー。ひゃー、疲れたけど、充実した旅だったなあ(^^)。

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-04-28 20:57 | 旅行 | Comments(2)
伊豆旅行2日目:伊豆高原
【今日のお天気:雨】
せっかくの旅行なのに雨。でも大丈夫。今日は美術館へ行きます(^-^)。

まずは楽しみにしていた「ワイルド・スミス美術館」へ。イギリスの絵本作家ブライアン・ワイルド・スミスの原画を多く所蔵していて、かれの天才的な筆致を間近で観る事ができるのです。子供の頃に持っていたワイルド・スミスの絵本が、私も妹も大好きで、真似して描いたりしていたものです。独特の幾何学的な模様や、複雑な配色が面白くて、この人の絵には何時間でも観ていられる奥行きがありますね。初めて観る原画はとても勢いがあり、かつ繊細なタッチで描き込まれていました。色もすばらしくきれい。印刷されたものより、当然ながら数十倍のパワーがある絵を前にして、やはり天才だなーと実感。まだ読んだ事がなかった絵本もどっさり置いてあったので、時間も忘れて読み耽ったりして気づけば2時間ほど過ごしていました。
ワイルド・スミス美術館

次はちょっと足を伸ばして、つつじで有名な小室山へ。GWから始まる「つつじ祭り」を前につつじが満開です。雨でぬかるんでいましたが小高い丘まで登って、辺りをぐるり見渡すと、山がマゼンタの濃淡に染まっていて、なんだかストロベリーのアイスみたいでした。。。(笑)。正直言って、つつじの色ってなんだかつまらないんです。もっと優しい色だったら好きなのに。

それから、気になっていた「テディベア・ミュージアム」へ。このミュージアムは外観からしてレンガ造りで素敵。チケットのデザインもセンスが良くて、最初からワクワクする雰囲気です。手入れされたイングリッシュ・ガーデンに、気の効いたカフェ、思わず夢中になってしまうショップもあって、さほどテディベア好きじゃなくても楽しめると思いますよ。私自身ベアには関心がない方ですが、人形が好きなので、手の込んだ創作ベアや、愛情のこもったベアたちのアウトフィットなど、じっくり観る事ができて楽しかったです。つい小さなベアを買ってしまいました。
伊豆テディベア・ミュージアム
b0035072_050786.jpg
↑ベアの顔が描かれたブラウニー。お茶もお菓子も本格的なカフェでした。
b0035072_0502075.jpg
↑これはパクチーへのおみやげ、ベアの形のおもちゃ。

さて、宿へ行くにはあと少し時間が余っているというので、陶芸体験をしてみることに。2人とも初めての手びねりです。最初はパクの置物を作る、なんてふざけた事を言っていたのですが、指導員のお姉さんに手順を説明してもらったところ、案外難しいのね。一回聞いたくらいだと覚えられない。それで、お姉さんがささっと作った見本の器と同じものを作ることにしてみました(笑)。初めて同士だというのに、Perkyの方は何故かすごく早い。しかもなんか上手いし。対する私はいちいち、次どうするんだっけ?ってな具合で仕事の遅いこと! 結局2時間くらいがんばって、2人で小鉢2つと湯のみ2つ、平皿1つと箸置き2つを作って来ました。なんだかがんばりすぎて疲れちゃいましたが、おもしろかったです(^^)。1~2ヶ月で届くらしいので、今から楽しみ。
b0035072_051473.jpg
八幡野窯

ほどよく疲れたところで今日の宿「山の辺」さんへ。ここは食事と露天風呂の評判が良い、人気の宿。旅行というとホテル一辺倒なので、民宿風の山の辺さんはちょっと新鮮。多少とまどうところもありましたが、評判通りとても手が込んだ美味しい料理を堪能して大満足です。なんていうのかなー、オードブルなんかにちょっと驚きがあるんですよね。和食なんだけど、ちょっと洋風でもあって、センスのいい料理。お魚が全て美味しいのも伊豆ならでは。天然温泉のお風呂は共同で順番に入るんですが、広くてゆっくりできるし、清潔だったので気持ちよかったです。なにしろオーナー夫妻の朴訥とした人柄に癒されました。
b0035072_0523626.jpg
↑翌日の朝ごはん! お粥に野菜タップリのヘルシーメニュー。
山の辺

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-04-27 20:48 | 旅行 | Comments(0)
伊豆旅行1日目:由比~伊豆高原
【今日のお天気:曇り】
今回出かけるのは、2泊3日の伊豆高原への2人旅。まずはパクチーを預かってもらう事になった、あざみ野の「癒育園」さんへ。いつもより早起きして寝ぼけているパクは、訳も分からないうちに癒育園スタッフの大きな腕にガッシリと抱えられてしまいました(笑)。さようなら、パクチー。元気で過ごすんだよ!

さて、伊豆高原の前にまずは由比へ。今はさくらえびの旬! 昨年は3時間待ちだった「井筒屋」に今年も桜海老のかき揚げを食べに行くのです。到着したのは11時半ころですが、既に何組か外で待っています。店内で整理券をもらわなくてはならなかったのに、気づかず外でしばらくボーッと待っていたため少々出遅れてしまいましたが、それでも1時間弱でお昼ごはんにありつけました。今回は平日にしたので早くて良かったー。相変わらずサクサクしたかき揚げ、とっても美味しかったです(^^)。昨年はお腹が空きすぎて、写真を撮る前にガツガツ食べてしまいましたので、今年も同じメニューを頼んで撮影のリベンジ(笑)。ちゃんと食べる前に撮ってみました!
b0035072_027388.jpg
↑由比定食。かき揚げが2枚も付いてきます。
b0035072_0272657.jpg
↑かきあげ特製天ざる。そばもとても美味しいのでオススメ。
b0035072_0273916.jpg
↑井筒屋さんの側にある用水路に住んでいる亀。去年もおんなじ場所で見かけました。

お昼ごはんの後は昨年好評だったおみやげ、桜海老のせんべい「えびさくら」をゲットして一路伊豆高原へ。途中、修善寺の内藤ルネ人形美術館に寄りたかったのですが、残念ながら休館日。

3時半頃、行ってみたかった場所のひとつ「伊豆シャボテン公園」に到着。もう夕方ということもあって駐車場はガラーンとしていました。ここは名前の通り、珍しいサボテンを集めた大きな温室があるほか、いろんな動物が放し飼いにされている豪快な動物園でもあり、車に乗らずに入れるサファリパークという感じ。
伊豆シャボテン公園

まずはカンガルーとワラビー。かれらの居住スペースは区切られていました。工事中だったようで、工事のおじさんたちの間をカンガルーたちがうろうろしているのですが、なかなかシュールな光景でした。
b0035072_0275813.jpg
↑人間がいても気にしてないみたい。まぢかで見るカンガルーに感動。
b0035072_028997.jpg
↑ちっこくて可愛いワラビー。すばしっこくてやや警戒心が強いみたい。

カンガルーのエリアを出るとでっかいオウムが木にずらりと並んで、大きな声で鳴いていました。手を出すとつつかれそうでちょっと怖い感じ。かれらはもちろん、繋がれてないんだけど、逃げたりしないのかしら。
b0035072_0282058.jpg
↑大きいんですよ。すごい迫力。

道を歩いていると、小さな小さなリス猿が集団で移動しているのに、ちょくちょく出くわします。かれらはすぐ側までやって来るけど、手を伸ばすとさっと逃げてしまいます。手の上に乗せたら可愛いだろうなー。
b0035072_028307.jpg
↑はぐれたのか一匹で道路を渡っているリス猿。

そして、これまた度々出くわしたのが孔雀。道の真ん中に座り込んだりして、すごく邪魔なんです(笑)。「はい、どいてどいてー」といいながら進もうとすると、おもむろに羽をグルーリと広げて道を塞いでくれます。なんだろう。求愛(笑)? メスの孔雀はすごく少ないようだったので、この際人間でもイイヤって事なんでしょうか。邪魔だけど可愛かったですね。羽をちょんと触ると、びっくりしたように羽根を畳んでしまいました。
b0035072_029974.jpg
↑求愛されちゃいました。
b0035072_029208.jpg
↑なんだか珍しい。孔雀の裏側。

この他、チンパンジーの住む島があったり、フラミンゴなどの鳥が住んでいるエリア、そこらに放し飼いになったあひる、プレーリードッグなど、全部で100種類以上の動物がいるんだとか。ほんと、おもしろい動物園です。

最後はサボテンの温室へ。神殿の柱のような背の高いサボテンや、100年もののまあるいサボテンなど、ダイナミックなサボテンがたくさん揃っています。解説員の方の丁寧な説明もおもしろかった。
b0035072_0285738.jpg
↑後ろに見えるピラミッドがサボテンの温室になっています。
さらに後ろにはボウルを伏せたような形の大室山。なんだか不思議な風景。
b0035072_0415518.jpg
↑100年ものですってよ。

閉館ギリギリまでねばって、最初の宿「和倶楽」へ。
ここは環境、サービス、露天風呂すべて良く、ゆっくりくつろげました。
和倶楽

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-04-26 20:23 | 旅行 | Comments(0)
ハチとドッグランへ
良く晴れた土曜日、前から行ってみたかったドッグランのある立川の昭和記念公園へ行って来ました! 同行したのはこのブログでも度々登場する同僚のSさんと愛犬のハチ。ちなみに超夜型の我々+Sさんは早起きしすぎて睡眠時間が約2時間と悲惨なコンディションでありました(笑)。パクとハチは初対面という事で仲良くなれるか少々心配していたのですが、静かで友好的なハチに、パクもすぐに慣れてしまったようです。
いやー、良かった良かった。

結局渋滞に巻き込まれたりなんかして、着いたらもう11時。ぜんぜん早くないじゃん(^^;;。ディズニーランドを思い出させるえらく広い駐車場は、既に5割ほど埋まっていて、公園入り口にも犬連れのお客さんがいっぱい! とりあえず朝ごはんも食べてなかったので、入ってすぐのカフェで腹ごしらえ。

b0035072_1214223.jpg
↑エントランスに飾ってあったチューリップ。この公園はお花も見事。


さて、ようやくワンコたちで賑わうドッグランへ! ここのランはきちんと管理されていて、雰囲気が良いですねー。片側が潅木の茂みになっているのもワンコたちには面白いみたい。もともとはしゃぎ屋のハチは着くやいなや、走り回ってみんなに挨拶。遊んでいるワンコの間にも、どんどん割って入って自分をアピール。遊び上手なんですね。その点、パクはやっぱりちょっと内向的。人間のところにばかり寄って行くし、ランの隅のフェンスの辺りをウロウロして外を眺めたり(^^;;。

b0035072_122216.jpg
↑本日の連れ、Sさんとハチ。仲間がいると遊びに行くのも楽しい(^^)。

b0035072_1222135.jpg
↑ハチって、いい顔してるでしょ。


そんな犬みしりのパクですが、「はっ!」として自ら挨拶に行ったワンコがいました。それがビーグルのランちゃん。この子、パクチーにそっくりなのです。ランちゃんは遊び上手でとっても快活。パクも影響を受けたのか積極的に遊びに誘ったり、走り回ったり! こんなにドッグランを満喫しているパクを見たのは初めてかも(笑)。小さい頃からお隣のクーちゃんやサリーちゃんと仲良くしてもらっていたのが効いたのか、どうもパクチーはビーグルが好きみたい。この後も2頭のビーグルが遊びに来ましたが、パクはどの子にもちょっかいを出して遊びに誘っていました。この日はランの外でもビーグルを良くみかけて、全部で6頭くらいかしら。なんだか嬉しかったな(^^)。 

b0035072_1223436.jpg
↑左側にいる、赤いタグを付けている子がランちゃん。遠めに見るとどっちがどっちだか混乱しちゃう。


1、2時間ほどランで遊んでから、次は公園の散策へ。この公園、とにかく敷地面積がすっごく広いの。趣向を凝らした公園や広場が幾つも合体しているという感じ。歩いても歩いても、端にたどりつきません。広大な芝生の広場に巨大な木。。。遠近感がおかしくなってきます。でもエリア毎に風景ががらっと変わるので、不思議と歩いていても飽きない。よく考えられているなあと思いました。カフェや売店、エスニックフードの屋台なんかも適宜あって、食べ物も気が利いているし、そこらの公園とは一味違いますね。エンターテイメント性が高いというか。一度行ったら、また行きたくなっちゃう事うけあい!

b0035072_123754.jpg
↑遠近感がおかしくなった広場の一角にて。天国みたいなホピーの花畑。。。


ようやく敷地の端に近づいたころ、ハチが「もう歩くのやだー」状態になったため(^^;;、草っぱらで一休み。パグって愛玩犬だから結構、繊細なんですよねー。肉球も柔らかいし、外で何時間も歩かせるなんて、ハチにはちょっときつかったみたい。ごめんよ。

b0035072_1231868.jpg
↑すっかり甘えんぼ状態のハチと、ハチが気になるパク。


それにひきかえ、パクってさすが猟犬。スタミナがあるんだよなぁ。草っぱらでお疲れムードの人間+ハチを尻目に、ヒマつぶしにタンポポをちぎって遊んでいました。。。結局、みんな疲れちゃったのでこのまま帰ろうということに。今日歩いた範囲でだいたい公園の敷地の30%程度でしょうか。残りは次の機会のお楽しみということで。Sさんに、ハチもほんとうにお疲れ様でしたー。

b0035072_1232965.jpg
↑家に帰ってからも興奮さめやらず、はしゃぎ回っていたパクチーでした。


お近くの方はぜひ行ってみてください。丸一日楽しめますよ。
昭和記念公園
http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2006-04-23 23:45 | あにまるs | Comments(2)
8ヶ月
になった。あいかわらずよく食べるし、新陳代謝がひじょうによいのかよく出す。そしてよく動いて寝る。なのだけれど、成長は止まった模様で、ここのところは体重が増える様子がない。体重は、6.3から4のあいだを行ったり来たり。いざとなったらひょいと持ち上げかかえて逃げられるぐらいの重さ。ううむ、見た目も行動も子犬なのだが成犬なのか。

これでも成犬
b0035072_2535071.jpg
これでも!
b0035072_2535523.jpg
これでも!!
b0035072_253594.jpg
これでも?
b0035072_254385.jpg
成犬


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2006-04-21 23:36 | あにまるs | Comments(2)
cooper & sally
おとなりのsさんちのビー夫婦、クーパーとサリーちゃんが遊びに来た。クーちゃんは11歳(いまは12歳ぐらいかも)、サリーちゃんは8歳(おなじくいまは9歳ぐらいかも)。引っ越したら犬、それもビーグル犬を飼おうということは、引越しを決めるかなりまえから決めていたことなのだけれど、その「ビー飼いになる」ことを決定的に後押ししたのはやはり、たまたま引っ越した家のお隣に、この2匹のビーグルがいたから。とても賢くて穏やかで、その上ひじょうにかわいい。われわれが外出するときや、あるいは外出から帰ってきたときなど、わざわざ近づいてきて、挨拶してくれます。パクのことも大好き。


しっかりもののサリーちゃん(はぁと)
b0035072_21425651.jpg

と、でっかいクーちゃん
b0035072_2143355.jpg
b0035072_2143858.jpg
ほんとでっかいっす

b0035072_21442760.jpg
みなマイペース…
b0035072_21443163.jpg
でっかいクーちゃんはこないだまでヘルニアを患っていたのだが、完治


……ほんと残念なのですが、引っ越していってしまうのです。きょうでおわかれ。でもかれらのあたらしいおうちは、ここからそう遠くはないところなので、またそのうち会えるかな。


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2006-04-10 22:19 | あにまるs | Comments(4)
花食う
いそがしいふりをしていたら、ここ数週間は、昼夜が完全に逆転しており、きのうのようにたまに朝早く起きたりすると、太陽がひじょうに眩しい。気がつけば外はさくらが咲いている。毎年書いているような気がしないでもないが、また書く。さくらはいつの間にか咲く。mも書いているが、最寄の駅前のさくら並木は、ちょっとした名所なのだそう。たしかにきれい。まえに住んでいたマンションのまん前の幼稚園の敷地には、そう大きくはないのだけれど毎年みごとな花をつけるさくらの木があり、この時期は楽しみだった。また、ここのところはさくらの季節は、砧公園に女房とふたりで花見に行くのが習慣になっていたけれど、今年は満開のさくらの花見、なんてものはできないだろうな。でも「峠を越えた」、葉ざくら、というのもまたきれい。

外は花でいっぱい。散歩に連れ出すとパクは、道に落ちているさくらと、椿と、木蓮の花びらを食べる。当然のように口にいれる。花びらぐらいならいいかー、と食べるのを許しているのだけれど。でもほうっておくと、よそのおうちの玄関先に置いてあるプランターの花まで食う。パンジーなんて、すれちがいざまにぱっと横向き、「ぱくっ」ってなもんである。花ならなんでも食べるというわけでもないらしく、においをかぐだけのものや、いったん口にしても、すぐに吐き出す花もある。こやつの好みはよくわからん。根本的な疑問だが、うまいのか、それ? さくらの花びらは、塩漬けにしたものを和菓子なんかに使うなぁ。椿は油がとれるなぁ。木蓮は…。木蓮は…。木蓮は? ここのところ、散歩に出るたびに花をばくばく食べているけれど、なんともないみたいなのでおそらくはだいじょうぶなんでしょう(てきとー)。

あたたかくなってきたので、こないだ花屋やホームセンターを廻り、いろいろ花の苗を買ってきましたが、それに興味しんしんしんしんしんしん。きゃつの手(つーか口と前脚)が届かないように、テラスの高いところに苗をうえたプランターを置いてあるのだけど、それを下からずーっと見てる。天気がよかったので、たまには強烈な陽にあててやろうと室内からサボテンの鉢を外に持ち出し、エアコンの室外機の上に置いた。そしたらそれまでプランターを見上げていたパクチーがすっ飛んできて、サボテンに躊躇なく「ぱくっ」と。とんでもないものを見せられたので、外に出ているにもかかわらず、ぼくはおもわずでっかい声で「パクチー!」と叫んだ。お祖母ちゃんといっしょだ。かの女みたいに名前は間違えなかったけど。ぼくの声にびくりとし、サボテンから口をはなしたパクを抱き上げ、その口の中を見るけれど、棘は刺さっていないし、ケガをしている様子もない。案外平気なのね。

そのあとパクは、先日空き地ではえてたのを採ってきた、名前のわからない多肉植物の鉢のところへ行くと、また「ぱくっ」と。そしてさらにまた「ぱくっ」と。ふた口で、鉢のなかの名前のわからない多肉植物が半分になった。おまえ、いかにも不味そうなそれ、こないだの散歩のときはひと嗅ぎしただけで無視してたじゃないか。

どういう基準で食う、食わないを決めているのかほんとナゾ…。


文責:Perkyことvicke


////// ここ2週間ぐらいのあいだに撮った写真から //////

王禅寺ふるさと公園(I.Z.さんのこのエントリを見て行ってきました)
b0035072_5115971.jpg

…瞬間

b0035072_512597.jpg

移動!

b0035072_5121378.jpg

ガムをくちゃくちゃ
b0035072_5122160.jpg

まち子ふたたび
b0035072_5122653.jpg

ひづめをがりがり
b0035072_5123146.jpg
b0035072_5123670.jpg
あらっ!えらいとこみつかってしもうたやないの!

/ きょうの体重は6.4キログラム /

[PR]
by perky_pat | 2006-04-01 05:41 | あにまるs | Comments(6)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧