日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
熊と犬
新しく出る(大きい方の)ブライスにはさっぱり関心が無くなって久しいのだけど、先月出たのは熊の着ぐるみ欲しさについ買ってしまいました。ヴィンテージに着せるとどうもキッツキツなので、クローゼットの奥からリカボディのモンドリアンを取り出して着せてみる。うん、ぴったり! 撮影してみてふと気が付いたのだけど、モンドリアンの写真てまだ一枚もサイトの方に載せてないんですよね。ファーストブライスなのに(汗)。おでこが光るのでど〜も上手く写真が撮れなくかったんですが、着ぐるみだとちょうどおでこが隠れていい感じじゃない? 熊になって復活するとは、本人も思ってなかったに違いないけど。モンドリアンが後生大事に抱えてるのは妹にもらったギリシャのはちみつ。ギリシャのはちみつはクセがなくて美味しいのが多い気がします。味が洗練されてるのは歴史の古い国だからでしょうか。

それでもって犬。同僚が帰省するというので、彼女の愛犬「ハチ・1才・雄・パグ」を週末の3日間預かっていました。最近、犬欲しい病にかかってるので、犬飼いのシミュレーションも兼ねてたりする。ハチはとっても良くしつけられた性格のいい子ですが、まだ小さいので遊びたいさかりなんですね。家に来るなりハリケーンか竜巻かっていう勢いで、大人二人圧倒されまくり(笑)。私の知ってる他の動物、鳥、うさぎ、大人の猫、なんかはハチに比べると「低血圧?」ってくらい静かですから。自分もテンション低い方なので、ハチのハイテンションに付き合いきれずに途中で挫折。引っ越して以来まだほとんど活用できていない、素敵なテラス(笑)をここぞとばかりにハチに提供してみる。人が一緒にテラスにいる間は楽しそうなんだけど、人が家に入ったとたんやっぱり一緒に家の中に入りたいみたいで。それでハチには申し訳ないのだけど、ほとんどの時間はリビングの真中に設置したケージ+サークルのスペースに入っててもらいました。といってせっかく遊びに来てるのにひとりで放っておくのも可哀想なので、同じ部屋にいて何かできることをしようと思い、懸案だったカーテンを縫うことに。カーテンと言っても人形棚の内側に取り付ける小さな日よけのためのもの。何ヶ月も前に生地を買い込んで、端を縫うだけだというのにミシンを取り出す気になれず放置してたので、ちょうど良かった。お散歩は楽しかったな。人間だけで歩いていてもたいして盛り上がりがないけど、嬉しそうにしてるハチと歩くとこちらも楽しくなります。1時間も歩くとかなり遠くまで行けるので、住宅街の迷路をさんざん歩き回り、知らなかった素敵な場所を幾つも見つけました。我々が犬欲しい病にかかった直接のきっかけは、お隣さんが飼っている賢いビーグル2頭なんだけど、とても人なつこくて、無駄吠えをしない子たちなんです。ハチを散歩に出す気配にすぐ気が付いたようで、すっ飛んで来ると、玄関に隣接したテラスに顔を押し付けて、ふんふん言いながらしっぽを振り振り(笑)。これなら、うちに犬が来ても仲良くしてくれそうです(^^)。

文責:Patことm
b0035072_1865754.jpg

[PR]
by perky_pat | 2005-09-28 18:11 | 日々徒然 | Comments(0)
新宿で打ち上げ
仕事の打ち上げで新宿にある大分郷土料理のお店「とど」へ。ここは薩摩揚げと、たれに付けて食べる「琉球」っていうお刺身が美味しい。Perkyほか全5人での集まりの主たる目的は、デザイナーで絵描きで写真家でもあるルシファー・I氏の「おもしろい話」を堪能する事にあったのだけど、最近「妖怪大戦争」っていう映画にエキストラで出たこととか、お兄様がUFO研究家であることや、幽霊は空間上に記された磁気データのようなものだ、などという話などで盛り上がり、最初から最後までひっくり返って笑い通しというありさまだった。ルシファーさんと言えば某悪魔ゲームのファンならきっと知ってる、悪魔のイメージをコラージュさせたら右に出るものはないという天才系グラフィッカー。作品同様ご本人にもそこはかとなく狂気が漂うのが魅力的です。私は血中おもしろい人濃度は遺伝すると信じていて、これは!という人には必ず親兄弟・親類縁者の事を聞くんですが、そうするとたいてい、芋づる式におもしろい人が次々と。。。おもしろい人にいろいろ話を聞くのはほとんど私の趣味と言ってもいいかもしれない。ちなみに、おもしろいっていうのは、人を笑わすのが上手いとかそういう意味ではありません。考え方や知識や体験に世間一般とは少々異なる、独特の個性がある人。簡単に言うならば「業が深い」っていうのかな(笑)。そこいらの小説を読むよりもおもしろい人とちょっと話す方が、よほど刺激的だと思います。あ〜ほんと面白かった!

で、写真は全く関係ないんだけどプチブライス。先日Perkyが寝てる間にデジカメを持ち出し、床に倒して一瞬で壊して、新しいカメラを買うはめになり(--;;;。。。とりあえずテスト撮影してみたところ。

文責:Patことm
b0035072_20264453.jpg

[PR]
by perky_pat | 2005-09-13 20:29 | 日々徒然 | Comments(2)
------- - - - ---
もうそろそろ2週間ほど前のことになるけど、ここでも過去なんども登場している、友人のm氏(高校時代所属していたサークルの1コ上の先輩でもある)が、東京にやってきていた。お台場のビッグサイトで、かれの作品の展示があったためだ。展示の準備はサクっとすませ、とっとと遊びにいくというのでつきあう。1100に青山で待ちあわせをして近くにある靴屋へ。今回は靴屋巡りが目的だそう。ベルコモンズの向かいにある靴屋。めぼしいものはなく、すぐ出る。隣の古家具屋に入る。ぐるりとまわって出ようとしたとたん、メガネをかけた店員に「何かお探しのものがございますか?」と、声をかけられた。めずらしい。ここの店で声をかけられるなんてことはいままで一度もなかったのに。「いいえ、とくに」と返して去る。「ゲイのカップルに間違えられたんとちゃうか」とm氏。たしかにへーじつの昼日中に青山のスカした家具屋にOTOKOふたりでいるなんて、そう思われても不思議はないかもね。でもそっち系の人間ならば声をかけらるのか?? そのあと渋谷方面にとことこ歩きながらハードゲイくんの話をちょっとする。途中お茶屋でコーヒーをおごってもらう。

渋谷到着。歩いておなかがすいていたので、ガード下の吉野屋へ入る。吉野屋なんて何年ぶりだろうか? mさんとはよく釣りにいったけど、釣行の帰りの晩メシはいつも吉野家だった。あのころはまだ牛丼があるのが当たり前だった。っていうか吉野家は牛丼屋だったのだから。入ってメニューはどこかしらとキョロキョロしてたら、店員が「うちは豚丼しかありません」と言う。壁の分かりにくいところにかけてあるメニューを見ると、ほんとに「豚丼 並盛」「豚丼 大盛」のふたつしかなかった。ふたりとも並を頼む。予想していたよりもおいしかった。これもおごってもらう。

こんどは代官山へ。駅にほど近い靴屋に行く。ここにもとくに気になるものはなかったらしいが、ぼくは靴には興味ないので、わからないのだけど、神戸では見かけないような靴がゴロゴロしていたそうな。電車で渋谷へ。そこから新宿へ出る。そこには「男の城」がある。

新宿伊勢丹のメンズ館がそんな呼ばれ方をしているとはついぞ知らなんだ。「男の城」かぁー。言葉の響きがいささかゲイっぽいように感じられるのは、こちらの気にし過ぎか。ともかく、mさんの今回の最大の目的地、「男の城」に向かう。1-8Fまで男物しか置いてない。マッチョというわけではないが、入ったとたん男臭い。やはり、OTOKOを突き詰めると行き着く先が具現化したような場所かしら。立ってる店員が全員チャールズ・ブロンソンみたいだったらおもしろいのにな、と考える。シガーコーナーまである。とくになにもなかったので、ザっと流してすぐに出る。

そのあと、ぼくの用事で西口を抜けて電器屋街へ。クルマで使うiPodのホルダーを探すため。それまでもいろいろみてまわってきたのだけど、本当に満足できるようなものって皆無。ここにもやはりなかった。ホールドという目的では、8月に神戸の星電社でみたベルキンのやつとか、ドイツの車用品メーカーのリヒターが出してるホルダーが理想に一番近いものだったけど、それらもホルダーのダッシュボードへの固定の仕方が、ウチのクルマには合わなかったり、ホルダー自体がデカすぎて悪目立ちしそうなもので購入を見合わせた。こういうもので完璧に理想に沿ったものを見つけるのってほんと、難しい。結局なにも買わずにここも出た。ちなみにホルダーはその後、家の近所のオートバックスで売っていた携帯電話ホルダーが、手持ちのiPodにも流用できることがわかり、それを購入。リヒターのものをふたまわりぐらい縮小したみたいな小振りのもので、ツヤツヤピカピカして安っぽい外観だけど(定価でも500円しないようなものだからね)、iPodを固定するホルダーとしては必要十分の機能。でもやはり完全に納得したわけではないので、まだもと良いものがないか、探すつもり。いいものがあったら替える。

5時少し前ぐらいから「魚民」に入って飲みはじめる。空いてそうと思って入ったら、案の定、客はぼくらだけ。でもそのうち混みはじめる。mさんが東京勤務になるかも知れんと言う。こちらは遊び仲間がふえるので大歓迎だが、かれ自身はこちらへは来たくないらしい。そりゃ神戸で生まれて神戸で育ったんだから、神戸のほうがいいかもね。でももしこちらへ転勤なんてことになれば、どこに住むのが良いか? という話を延々する。ここでもおごってもらう。つきあってもらったんだからとかれは言うが、きょう1日おごられっぱなし。

2時間ほど飲んでお別れ。奥さん、娘さんのお土産にと、神戸では手に入らない「鳩サブレ」を手渡す。


タワレコに寄って買い物。なにを買ったのかというと:ゴールデン・カップスのボーカル、デイブ平尾のソロ全仕事(アルバム1枚 シングル4枚)、『一人 〜 コンプリート・ソロ・コレクション』。ひと月ほど前にリリースされたのですが、発売は一部で快挙と言われているみたいですね。オタ…、いや、マニア向けのブツですので、購入は重々お考えの上で。先日の帰省時に母から聞いたデイブ平尾氏の話。正確に言うと、氏と氏のお姉様の話です。母は、高校のときの体育の担当の先生がデイブ平尾氏のお姉さんだったと言ってました。ぼくのオフクロは横浜の人間で、デイブ平尾は本牧、母は磯子の滝頭が実家なので、おそらくほんとの話だと思います(そもそもこんなことでウソついてどーする)。それでですね、そのお姉さん、かの女の弟とまったくおんなじ顔していたんだそうな。…すんません、思ったよりおもしろくなかったっすねー。

文責:Perkyことvicke

b0035072_733151.gif

[PR]
by perky_pat | 2005-09-05 07:42 | 音楽 | Comments(0)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧