日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
関口桃子きたる
いっしゅん仕事がエアポケットに入ったので、関口桃子をサイトにアップしました。新ボディ、細身になると聞いていたので期待していましたが、予想通りボークスのWTGとほぼ同サイズに仕上がっています。これまで桃子のお洋服を手に入れるのは難しかったので、比較的手軽に手に入るWTGをオールマイティに着れるようになったのはとても嬉しいですね。写真ではWTGの細身のパンツとシャツを着せていますが、ぴったり着せることができました。

rdの方はボークスの「EBビューティS」というWTG仕様のボディに換えてありますが、関口桃子と並べてもほとんど違和感がないです。可動性もほぼ同じですが、ボークスボディの手先はゴムなので、着せかえる時に洋服にひっかかりにくいのは気が効いてます。また、両方ともバランスを取れば自立させることができます。ただ関口の新ボディは、かなり足が大きいので、旧桃子の靴のなかではビルケンサンダルくらいしか使えないみたい。桃子のアウトフィットの中でも靴の出来は素晴らしかったので、これが利用できないのは悲しい。ボークスボディもSAJに比べると足は大きいんだけれど、ラバーソールが履けるので、全体的に見るとこちらの方がやや使い勝手は良いのかも。

いま、我が家の桃子は4人それぞれが異なるボディを付けているんですが(mt→SAJ、lw→CoCo、rd→ボークス、関口→新ボディ)、新ボディはかなり扱いやすくなっていると思います。椅子に座らせても姿勢がきれいだし、ディスプレイするのが楽しくなったような。これからは新作もすごい勢いで出るみたいだし、ついに桃子もブレイクするのかな?

ところで、関口桃子の小物に眼鏡が付いてるんですけど、それをブロンドのmtにかけてみたらすごく似合ってるの! サイトの方に写真載せてますので、ぜひぜひ眼鏡っ子に萌えてください(笑)。

文責:Patことm
b0035072_1415179.jpg

[PR]
by perky_pat | 2005-04-24 01:48 | 人形・おもちゃ | Comments(0)
SHINKI CHEN & HIS awesome FRIENDS
おはようございます。 きょうも一日、凌ぎましょう。


昨日の夜、アルコール舐めながら、ヒマつぶしにどうでもいいようなTVドラマみてたら、最後に柳ジョージが出て来てびっくりした。劇中では、「ジョージさん」と呼ばれている歌手だったから、そのまま「柳ジョージ」の役だったらしい。このひとって役者(というわりには、ひとことの台詞もなかったが)もするんだな。柳ジョージって個人的にはすごいなというよりも、どっちかというと、いいなと思うことのほうが多いミュージシャンだけど、心底すげぇー(下品ですみません)と思った経験もあるのは、それはこの世の中に、パワーハウス、フードブレイン、またスピード・グルー&シンキのギター、陳信輝が1971年に出したソロアルバム、『SHINKI CHEN』があるから。

いわゆるところのセッションアルバムというやつなのかも知れないが、アルバム副題の「SHINKI CHEN & HIS FRIENDS」が示すように、ベースもタイコもキーボードも、いっしょに演ってんのが、もともと同じバンドにいたなど、気心の知れた連中ということもあり、即成のバンドのにおいは、ちっともしない。で、その「FRIENDS」のなかに柳ジョージの名前があるのだ。

バイオリンの入っていない(=小杉武久のいない)、しかも極度にソフィスティケイトされたタージマハル旅行団を思わせる、実験的なトラックではじまる。ふつうのロックを期待していると裏切られると思う。でも、ひたすら美しい。普遍的な美だが、だけど、音の難易度は高いとも思う。しかし、最初のこのトラックに詰まっている音が、レコードの他のトラックすべての基礎となっているような気がする。

柳ジョージがこのアルバムで主に活躍するのは、そのつぎのトラックから。主に活躍と書いたが、収録全7曲のうち、柳ジョージは、3曲で作詞作曲(1曲は陳と共作)、5曲で歌、最後の曲をのぞく6曲でベースを弾いている。曲、歌、ベース、どれもすばらしい。とくに現在でも定評あるボーカルと、作詞(「気違いちょうちんの自由」なんて曲、聴きたいでしょ? でしょー?)の能力は、このアルバムでもよくわかる。と、あまりの八面六臂の活躍ぶりに、これって、陳信輝じゃなくって、柳ジョージのソロアルバムなんじゃないの? なんて皮肉のひとつでも言いたくなる。とにかくすごい、むちゃくちゃ。柳ジョージ。どうもメインであるはずの陳信輝はこのアルバムではおとなしいようにも感じるが。無論、書く曲は良いし、ギターもところどころでギラつくのではあるけれど。おともだちを立てようとしているのかしら。ていうか、立てずとも、おともだちが素ですごすぎるのかも。

しかしながら、陳には柳よりもっとおそろしいともだちがいた。それがジョン山崎だ。なんど聴いてもぞくぞくというか、ぞわぞわとなる最後のトラック、「偽善者からの訣別」での、かれのノドとピアノのすごいこと。最後の最後にやってきて、ひとりでなにもかもぜんぶかっさらって行く。どっかおかしい、このひと。この1曲でのかれのあまりのすさまじさには、柳ジョージも霞む。こんなおともだちがいては、それはそれはやりにくいこともあっただろう。おれにもやっぱり、いっしょにバンドをやっていたoという、こういうおともだちがいたからわかる。

いまあっそっかーと思い出したのだが、ジョン山崎、柳ジョージのふたりとも、最後期のゴールデンカップスに在籍していたのだった。すごいはずだわ。

あはは、柳ジョージのレコードの話をするつもりが、陳信輝のレコードのことになり、結局はジョン山崎すごい! ってなってる。とりとめもなくいろいろ書いたけど、『SHINKI CHEN』、名盤となんの迷いもなく言うことのできる、ほんとに数少ないアルバムのひとつ。こういうのを「ロック」というのです。でもどこかで柳ジョージ本人が、この作品のことを、サイアク、思い出したくない、といったような発言をしているのを読んだ憶えもある。 …おっちゃんおっちゃん、おっちゃんあれだけのことやっといて、なにゆうてんねん、と、ツッコんどく。


ちょうどよい日なので、宣伝します。きょう、神奈川県民ホールで、柳ジョージ&レイニーウッドの1日かぎりの再結成ライブがあります(チケットはもうたぶん完売でしょうが)。あと、冒頭に書いたドラマ(『雨と夢のあとに』@TV-Asahi)、来週もう1度柳ジョージ氏出るんだそうです。


文責:Perkyことvicke


mmk嬢に、"SHINKI CHEN" のジャケットを持ってもらいました
b0035072_8202266.jpg
ジャケットのデザインは、木村道弘(ex-タージマハル旅行団)と廣野展生
b0035072_821689.jpg
このひと(たち)のデザインしたものには、イカしてるものが多いです
[PR]
by perky_pat | 2005-04-23 07:06 | 音楽 | Comments(0)
先週末 か ら 今週
下記のmのテキストのとおりで、先週末は花見のハシゴをしました。砧は笑っちゃうくらいいつ行ってもいっしょなんだけど、いつ行ってもいい。昨日、そのときに撮った写真のネガが上がってて、いくつかスキャンしてみたんだけど、ピンとこない写真ばっかだった。買ったばっかりのあたらしいカメラだったから、ということにしておこう。こないだは千鳥が淵で、撮り終えたフィルムの巻き戻し方がわからず、あっちこっち当てずっぽうにボタン押してたら、なにか機械音がしたので、よかった巻き上がったんだな、と思って裏蓋開けたらじつはまだそのままで、あわてて閉めた。そのときのフィルムは、帰って来たネガ数コマに影響が出ていて悲しくなった。「ボタン2つ同時押し」をして巻き上げが行われることがわかり、やっと次のフィルムを入れられた。取り説をろくすっぽ読まずにいきなり実戦に持ち出したぼくも悪いんだけど、取り説をある程度読まないと使えないカメラなんて嫌いだ。でもいいカメラだということはようくわかった。花をたのしんだあとは、午後の遅い時間から仕事。

あれやこれやと重なり、忙しい1週間だった。机にちんまりと座り、iTuneに取り込んだ音楽をシャッフルでかけっぱなしにしていて、あー疲れたとなれば、うしろに立て掛けてあるもらい物のバイオリンベース(これを愛用してるミュージシャンを3人挙げろ、と問われたらどう返す? ぼくなら、ポール・マッカートニー、ハイライズのベースのあんちゃん、あとB.A.L.L.時代のクレイマーを挙げる)をひっつかんでひざの上に置いて、いまかかってる音楽にあわせて適当につま弾く。これがけっこういいストレス解消になる。

そう、ここはマンション。防音処理がどの程度施されているのかわからないが、隣室の物音はまったく聞こえない。だが、下の部屋の住人はギターを弾くらしい。以前から階下からのギターの音は聞こえてくる。いつも下手でたいへんに聞き苦しい。でも、ぼくも最近はかけてる音楽にあわせてベースをよく弾いてるので、もしかしたら、階上の住人に聞かれているのかも。下手だと思われているかも。さて、血筋かなにかは知らないが、親戚には父方にも母方にも、音楽がすきで、趣味で楽器を弾いたりする人間がちらほらといる(なかには音楽を生業にしているひともいる)。 不肖ぼくもその端くれというわけだ。

『スウィングガールズ』(「スイング」でもなく「スゥイング」でもなく「スウィング」が正解らしい。むずかしい)って映画があるけれど、観ましたか? このあいだお正月に帰省した折に親父から聞いてびっくりしたんだけど、どうやらこの映画に出てくる女の子のジャズのビッグバンドって、モデルになったのは、従兄のtが顧問をしている高校のビッグバンドなんだそうだ。ビックリ!

ぼくよりも4、5歳ほど歳は上。かれ、tのことは、小さいころから「たーくん」と呼んでいる。たーくんは何歳だろうが「たーくん」だ。ぼくがいまだに「**ちゃん」と呼ばれるように。かれは高校で英語を教えている。かれの学校にはジャズバンド部というクラブがあって、赴任直後からその部の顧問をしていることは直接聞いていてまえから知っていたけど、まさか映画のモデルになっているとはね。小さいころからピアノを習っていて、リューイチ・サカモトの大ファンで(息子に「リュウイチ」くんと名づけてる)、ジャズを好んで聴き、アルトサックスも吹いて、教師なりたてのころには、瘋癲老人日記ならぬ「瘋癲教員日記(ふうてんきょういんにっき)」というバンドを教員仲間と組んでいて、つくったというオレンジ色のジャケットに包まれたデモテープを、ぼくはかれから以前もらったことがある。スタジオだったかライブ音源だったか、エレクトロニクスと生楽器とヴォーカルという、よくあるタイプの音楽だったけど、全編アングラでなかなかおもしろかった。

でも、たーくんは従兄でぼくとは血が繋がっているはずなんだけれど、かれはもしかしたら、ぼくがこれまでさんざんやったり聴いたりして、長年つきあってきたようなダメ音楽とは、まったく縁がないひとかも知れない。そもそも、これまであまり音楽について突っ込んだ話をした記憶がないので、本当の嗜好みたいなものは実はわからないのだけれど。いま思い出したけど、そういえばいつだったか、かれの好きなジョン・ゾーンのアルバムについてなにか話したことがあった(余談だけど、そのときたーくんが手にしていたCDコレクションのバインダーのなかに、ヤン富田の「ドゥーピーズ」のアルバムがあって、ぼくもそれ持ってる、面白いよねそれ、と言うと嬉しそうな顔をしたのを憶えている)。ぼくは当時のジョン・ゾーンの音楽にはぜんぜん興味がなかったので(というかわからなかった。いまでもわかんない)、なにをどういうふうに話したかは、まったく憶えていない。

メールのやりとりも最近ではまったくしていない。4年前におばあちゃんのお葬式で会ったっきり。元気だろうけど、たーくん。


急ぎだからどうかなーと思いつつ、引き受けた仕事のギャラの額が、思っていたより(はるかに)よいことがわかって、きょうは嬉しかったです。nさん、どうもありがとう。スウィングガールズのDVDでも買おうかしら。


文責:Perkyことvicke
b0035072_20264349.jpg

[PR]
by perky_pat | 2005-04-15 20:32 | 音楽 | Comments(0)
お花見日和
土曜日は朝早く起きて、砧公園へお花見に出かけました。やはり、砧の桜は大きくて見ごたえがあります。広い土地に地面まで枝を伸ばした大きな桜が点在してる様子は、まさに山のよう。とても立体感があります。昨年は開花の時期に雨が降ったりして曇り空が多かったけれど、今年はお天気も良くてお花見日和。午前中でも結構な人出がありました。9時すぎには撮影を終えて公園を後にし、今度は職場の近くの千鳥ケ淵へ。花見のはしごというわけ。

千鳥が淵はここ数日ものすごい人だかりなので覚悟をして行ったのだけれど、九段下の駅から靖国神社あたりの道は、もう一歩も身動きができないくらいになっていました。お堀の淵にずらりと桜が並んでいる様子は確かにきれいなんだけど、直線的なのでちょっとつまらない気も。砧の方が散策するにはおもしろくて私は好きです。何しろ、昼間の千鳥が淵はお花見どころではないですね。職場の同僚が先日徹夜をしていたときに、朝日が昇るころになって千鳥が淵へ桜を見に行ったそうですが、誰もいなくてとてもきれいだったとか。「花見は早朝に!」というのが私の標語のひとつなんだけれど、始発が動く前って確かに最強でしょう(^^;;。

お花見のあと、表参道のキディランドに関口版の桃子「午後は休講」を買いに行って、えらい派手な紙袋(両面に大きく桃子のアップ写真が入っている)に入れてもらってたいへん恥ずかしい思いをしながら、渋谷でタイ料理のランチを食べ、午後からまた千鳥が淵方面へ戻って深夜まで仕事してました(TT)。

上述の徹夜をしていた同僚というのは、いま組んでいるチームのメンバーなんだけど、我々は今月たいへん忙しくしています。職場にひきこもっているという表現がぴったりくる感じ。というわけで、サイトの更新は来月になりそう。関口桃子の写真も撮りたいし、載せたいものがいろいろあるんだけどな。関口桃子は思ってたよりずっと出来が良いですよ。新ボディは細身なので、WTG服がぴったり着せられるところも便利だし。迷っている人には買うことをオススメ!

写真は砧公園にて。黒猫の着ぐるみは試作品です。もうちょっとスリムに作ったのを来月オークションに出品予定です(^^)。

文責:Patことm
b0035072_1824493.jpg

[PR]
by perky_pat | 2005-04-10 18:27 | 人形・おもちゃ | Comments(0)
あたらしいカメラ購ったから桜見に行きたい
すこうしまえのことになるけれど、カメラを買った。ニコンのAF一眼レフ。中古。35-80ミリの安物ズームレンズ(どこかのOEMかな。一応ニコン純正)がついて1万と3千円でおつりが来た。90年代半ばに出されたもので、ネットなどで調べてみると、知る人ぞ知る名機なのだそうだが、発売された当時はカメラ雑誌などで使い勝手が悪いとかなり叩かれたらしく、そのせいか中古相場も恐ろしく低い。名機だけど廉い。廉いけど名機。どっちでもいいが、だから買う気になったことは確か。ぼくにとっては最初のオートフォーカス一眼とレンズ。ピント合わせも露出も全部オートでやってくれて、ストロボも内蔵している。「でっかいコンパクトカメラ」感覚。手軽に使える一眼が欲しかったのよ。ジャイアンツの元オーナーのナベツネ氏も同じカメラ使ってるらしいが、でもちっともうれしくないね。しかし、こんな便利そうなもん買ってしまうと、家にある化石みたいな古カメラ群は粛正対象かな。

近所の保育園の敷地に植わっている桜の木が毎年きれいなのでたのしみにしているのだが、さて、夜、外出すると、昨日は咲いていなかったその桜に花が咲いている。桜はいつの間にか咲く。水銀灯の下で蛍光色を放ち、とてもきれいだった。カメラを持って出ていたので、写真をあとで撮ろうと思った。用事を済ませてまたその桜の木の前にかえってきたのだが、さっきと違うものに見え、撮るのを止めた。おそらく週末あたりが見ごろなのではないか。m嬢も僕も現在些か立て込んでいるのだけれど、週末に時間を取り、どこかへお花見へ行こうかということになった。…本音を言うと、新しいカメラを実戦投入したいからなのだが。お花見の名所も、朝早くならば人も居ないし空気も澄んでいて、桜の色もいっそうはっきりと楽しめる。そうだ、その日の天気が曇りならばもっとうれしい。

去年はいろいろな場所へ桜を見に行った。朝早くに見る桜がよりきれいなことを知ったから、砧公園には3度ぐらい行ったかもしれない。去年、カメラは、55ミリを着けたNewFM2と、GR1を持って行った。どこへ行ってもだれかしら桜を撮影しているひとたちがいた。満開の桜をずっと見ているとドキドキしてきて、身体に悪そう。あのひとたちも早死にするかもしれない。

それにしても空気がなま暖かい。風も強い。週末の天気予報がどうなってるか知らないけれども、雨でも降るんじゃないだろうか。桜見たい。


文責:Perkyことvicke
b0035072_18535953.jpg
件の不遇?のカメラ。写真はNikon(仙台工場)のページよりいただきました
[PR]
by perky_pat | 2005-04-07 19:08 | 日々徒然 | Comments(0)
old but....
きのう(もうおとといになるか)本屋に行ってコンピュータ雑誌のコーナー見てたらマックの雑誌(『Mac Fan』だったと思う)の表紙に内田裕也(65)が! このひとマックユーザーだったの? と思い、なかのインタビューを読んでみたが、昔から映画の脚本書きなんかにコンピュータを使っているものの、べつにマッキントッシュのユーザーというわけではないらしい。あいかわらず「ロックンロール!よろしく!」で、ユーヤさんカッコよかったです。本買わなかったけど。で、その深夜。お酒なめながらテレビ点けると、ムッシュかまやつ(66)と井上堯之(63)が出てる! スパイダースの思い出話しなどしつつ、スタジオライブもやるという1時間番組だったけど、なかなかおもしろかった。で、やっぱりふたりともカッコよかった。ムッシュはおしゃれだし、井上堯之のギターもほんと凄い。横のmも「ムッシュかっこいいー」と言ってた。カッコいいだろ? おれ子供の頃、このひとに握手してもらったことあるよ。

と、1日で日本ロックの重要人物を意図せずして3人、目にすることになったが、なにかあるのだろうか(いやなにもない)。今日書きたいのはそんなことではない。大いに関係はあるが。
-

ディスクユニオンに行けば、絶対なにか買ってしまうようになった。先日の吉祥寺店での散財は、そこで「スピード・グルー&シンキ」の紙ジャケ再発CDを2枚とも買ってしまったことによる。7000円少々。こんなものが去年出てたなんてことも全く知らなかった。現在手元にあるのは、すごい前に買ったブート(おそらく)だし、音もそんなによくない。今回は紙ジャケでの再発、それに加えてユニオンなら特典の帯つき。だったら些か高価ではあるけれど再発を買う価値はあるか…ぐらいにしか思っていなかった。

で、購入。そうなることはまったく予想していなかったけど、これを買った日から今日まで毎日延々と聴き続けているのである。いまの気分、というか嗜好にぴったりと合うみたい。もはや今日においては、知性派、インテリというものなぞはゴミである。個人的にはかれらがアタマだけで作ったような、脆弱で吹けば飛ぶよな音楽にはまったく興味がなくなってきているので、こういうどちらかというと原始人かゴリラが好き勝手やってるような、肉体そのものや、そのなかをドクドクと流れる血を感じられる強い音楽がとても心地よい。この2つのアルバムに関しては、改めて別日にでも単体で取りあげたい。

スピード・グルー&シンキにすっかりヤラれ、いまはそれに加えてゴールデンカップスも聴きはじめた。ふたつのバンドともベースギターを弾いてる人物は同じ。ゴールデンカップス聴きたくなったんだけど、手持ちのカップスのアルバムは実家に置いてあるので(これらも紙ジャケとかで再発されてるので買ってもいいんだけど)、こないだ近所のヴァージンで出てまだそんなに経ってないというベスト盤、『コンプリート・ベスト ブルース・オブ・ライフ』を購入した。CDをいちいちプレーヤーにセットするのも面倒なので、iTuneに取り込み、スピグルシンキとともにヘェビィロォテェショォン中。初っ端が「ジス・バッド・ガール」でじつにイカす。「ロック」から「歌謡GS」まで、オリジナルアルバム1st-3rd、シングル数枚より満遍なく、ほぼ年代順にまるまる80分計21曲収録されている。このバンドのベストってはじめて聴いたけど、これってよく出来たベストなのでは。選曲は妥当で、曲順もよく錬られているし、ブックレットや盤面、インレイのデザインにも愛が感じられる。ゴールデンカップスに興味はあるけど、どのアルバムを聴けば良いのやら? と迷っている人は、とりあえずこれを聴いてみたら如何でしょうか。しばらく楽しめると思う。

やはりカッコいいです。デイブ平尾は冗談みたいに歌上手いし、加部はやっぱりあぶなっかしくって凶暴だし、ミッキー吉野はスジもセンスもどっちともいいし、ほんとサイコーです。久しぶりに聴くと、ガセネタみたいだと思ったところもあったけど。だけど、今回もっとも衝撃を受けたのが、最後のトラックのいわゆる歌謡ロック、「愛する君に」。この曲が最後の最後に収録されていることを知らなくって、不意打ちを食らった。いちど聴いて、すぐさまリピート、1度目よりも大きな衝撃を受けた。この歌は、なんどかカラオケで歌いながらそのたびに泣きそうになったことがある。


文責:Perkyことvicke
b0035072_037763.jpg

[PR]
by perky_pat | 2005-04-02 00:45 | 音楽 | Comments(0)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧