日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2004年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
地/震
土曜日の夕方、近くのヨーカドーにmと買い物に行った。レジで支払いを済ませると、mが買い忘れたものがあるというので、僕はレジ前の雑誌コーナーで彼女を待つことにした。雑誌を手にして読んでいると、なんだかふらふらする。その日は些か寝不足気味で、しかも朝早くから動き詰めだったもので、そのせいかな?とも思ったが、ふらふらは収まらない。…地震だ。けっこう長い。ゆぅらゆぅらと、とてもゆっくり揺れている。揺れ方からすると、離れた場所で大きい地震が起こったに違いない。地階でこんなにも揺れるのなら、それもかなり大きな地震が。見上げると天井から吊るされているポップがゆっくりと動いている。周りを見渡すと、同じように天井を見ている人が数人居た。それにしても長い。揺れが収まらない。もっと大きな揺れになるのかも、と心配になったので、mを探しに行ったが、彼女は見つからない。それに気が付くと、もう揺れている様子ではなかったので、とりあえずまた待ち合わせ場所で待つことにした。しばらくしてmが帰ってくる。「さっき地震あったろ?」「え?」。まったく気付かなかったという。「寝ぼけてたんじゃないの?」。そう言われると、じぶんの判断に自信がなくなってしまい、それでも、そうかなー、となんとも腑に落ちず帰途に。家に入ってテレビを見ると果たして、地震のニュースが。新潟で震度6強。マジですか? ゾッとした。

95年に京阪神を襲った大地震のときは神戸の実家に居た。二階の自室で就寝中、ひどい揺れに叩き起こされた。なんだかわけがわからなくって「あー」と声を出していたのは憶えている。揺れがおさまったときには、ベッドの上で普段なら絶対しないトンビ座りをしていた。この日から、僕には地震が世の中で一番怖いものになった。家の中は、倒れた家具などでどこもかしこもめちゃくちゃな状態。どういうわけだか、地震直後は電気も水道もガスもまだ使えた。母が異常に濃い紅茶をいれたから、はっきりと憶えている。冬の朝で、とても静かだった。テレビとラジオは点けっぱなし。しばらくしてブラウン管に映った、燃える神戸の街を見て絶句。なにこれ、これ神戸じゃない。火事はこのあたりまで延焼してくるんじゃないだろうか? 死者は2人。その時はあんなにまで増えるとは思ってもみなかった。それからしばらくは記憶がはっきりとしない。直後から夜となく昼となく余震、前震かも知れないと言われた余震、本震と同じ規模のものが来るかも知れないと言われた余震、そして余震。でも「余震」より恐ろしかったのは、余震が来るその直前に、はるかかなたから聞こえてくる、「ゴォォー」という地鳴り。聞けば冗談じゃなく、その場で動けなくなった。そういえば、夜は怖くて、いい歳して親と並んで寝た。

地震後に印象的だったことがらをひとつ書きます。電話のこと。下のCEATECに行った時のことを書いたテキストでも出てくるm氏とは当初、全く連絡がつかなかった。被害の大きかった東灘に住んでいたから余計に心配していました。かれの家に電話をかける。すると、呼び出し音も鳴らずにいきなり繋がり、聞こえるのは車の走行音と、遠くで鳴っている、いくつものサイレンの音だけ。何度かけてもそう。まるで、説明のまったくつかない現象に出くわしたみたいだった。あれはなんだったんだろう? ただ混線していただけだったのかな? それならかけた電話は一体どこに繋がったんだろうと、今でも思い出す度に不思議に思う。ちなみに、m氏とはその後、直接かれの自宅(まわりは潰れた家屋と瓦礫だらけで酷い状態だったけど、かれのマンションは奇跡的に無事だった)をたずね、ドアに「連絡ください」と貼り紙をして、やっと連絡がついた。地震直後から、勤め先の用意した社宅に避難していたという。元気で良かった。落ち着いたら戻るんですね。でも、そのもとのマンションには、二度と住むことはなかったけど。理由? 聞いたけど忘れた。


おそらくはきっと貴重な経験をしたのだろうけれど、僕はあんな経験をせずに済む人生の方がいいです。


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2004-10-25 22:24 | 日々徒然 | Comments(0)
平成+たぬき+合戦+ぽんぽこ=平成たぬき合戦ぽんぽこ
熊受難の年ですね。今年は異常気象のせいで、かれらの食料となるような木の実などが不作なのだそうです。食べ物を求めて人里に現れた熊が、毎日のように射殺、あるいは薬殺されています。生まれてそんなに経っていない小熊ですら。殺されなければいけなかったのかなぁ、と単純に僕は思ってしまう(捕獲後眠らせて山奥まで運んで放す基本方針をとっているという、京都のような地域もありますが)。

熊に限らず、世界は動物達にとっては、だんだんと住みにくい場所となっているようです。スタジオジブリの映画、『平成たぬき合戦ぽんぽこ』は、狸受難の物語です。話の筋は、自然豊かな山でニュータウン(多摩ニュータウンがモチーフらしい)開発が始まり、そこを逐われた狸たちが面妖な力を用いて人間たちに対して抵抗を試みる…といったところです。mが出かけていて、僕は家でひとり。暇を持て余し、そのとき偶々テレビでかかっていたのを観なければ、この映画のことを気に留めることはなかったでしょうね。じつはすごくおもしろかった。

ジブリの作品は有名どころはだいたい観ていますが、『平成たぬき合戦ぽんぽこ』というなんとも形容し難い題名のこいつはノーマークでした。平成?たぬきの合戦?それにぽんぽこ?なにそれ?っていう感じ。話は変わりますが、それにしても、たぬきってたぬきっていう口にする音(おん)もマヌケだけど、そこにただたぬきってひらがなで書いてあるだけで、マヌケ度/破壊度が2倍にも3倍にもアップしますね。映画を観ればこの題名の狂いっぷりもよく解るのですが、同時に、この題名でお客を逃しているような気もすこうしする。

映画では結局、抵抗は徒労に終わり、最後までたぬきは人間に打ち勝つことはできません。そしてかれらの大部分は、じぶんたちを人間の似姿にかえ、人間の習慣を学び、人間の世界に溶け込もうと方向転換をはじめます。文字どおり人間に化けるわけです。これを監督したのは高畑勲氏。ジブリの良くも悪くも顔である宮崎駿氏が、「人間が自然に勝ることはない」ことを、そのメッセージとして盛り込んだ作品をいくつかものしているのとは正反対です。どちらかと言えば、暗くて悲惨な話なのですが、演出が上手いんでしょうね。さらっと見せ、そうは感じさせない。そう、演出。この映画の肝は、演出にあると思います。

のちに借りて来たビデオで観たmもおもしろく感じたようです。彼女のような、ジブリ=宮崎映画が苦手な方もイケるかもしれません。


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2004-10-18 01:57 | 映画・ステージ | Comments(0)
『牧場物語 ワンダフルライフ』

みなさん、ゲームってやりますか?
ゲームって言ってもいろいろありますけど、家庭用テレビゲーム一般、
いわゆるファミコンとかプレステのゲームの事です。

ここ数年ゲームから遠ざかっていた私ですが、最近再びゲームをはじめました。
タイトルは『牧場物語 ワンダフルライフ』(GC版)。
90年代後半にスーパーファミコンで第一作が作られた後、ずっと続編が作りつづけられている人気の牧場シミュレーションゲームです。1〜2作目までは相当やり込んだものですが、ざっと5年ぶりに新作をやってみると、システムが複雑によりリアルに進化していて、ちょっとびっくり。なんだかとってもバーチャル! 本当に自分がその牧場で暮らしているような気持ちになるんです。

私の毎日の牧場生活を紹介すると、こんな感じ。

 朝は5時くらいに起きて、まずは畑の水やりから。作物の状態を確認して、毎日少しずつ成長していく様子を見るのは嬉しいものです。収穫したらどうやって食べるか考えるのも楽しみだし。陽が昇ってきたら、今度は牛のお世話。厩舎にいる牛のミルクを搾ってから、空を見上げて今日のお天気をちょっと考えてみる。天気が良さそうだったら放牧しましょう。外に出してやった方が牛が喜びますからね。さて、今日の収穫分を出荷箱に入れたら、夕方までは自由時間。馬に乗って日課の散歩に出かけます。
 だいたい午前中からお昼過ぎになるまでは、近くの川で釣りをしてます。2〜3匹釣るのが目標。その後は仲良くなりたい人の家に、釣れた魚やそこらで摘んできたお花なんかを手みやげに遊びに行きます。小さい村だけに、近所付き合いは大切なのです。
 夕方になったら牧場に帰って、動物たちを厩舎に戻して夕方の乳搾り。可愛がって育てているとミルクの質が良くなるらしい。それから、また畑の水やり。朝より育っていて収穫できる日も。
 一日の仕事を終えて帰宅するのはだいたい7時くらい。お風呂に入ってすっきりしたら、さて晩ごはんの準備。畑で採れた野菜と自分で釣った魚を使った「さかなシチュー」なんかが元気が出て大好きなメニュー。晩ごはんの後は、酒場に一杯やりに行ってもいいんだけど、私はお酒はやらないのでゲーム中でもお酒はなし(笑)。表に出て愛犬と遊んだりして、朝が早いですからね、10時くらいになったらベッドに入ります。

ね、すごくリアルでしょ?
この世界にはちゃんと四季があって、冬には雪も降るんです。そうすると、なんだかぶるっとこっちも寒くなってくる。夜も暗くなってくると、独りで外にいるのがなんだか寂しい気持ちになってきます。こういう臨場感、それこそがこのゲームの独特な魅力なんだな〜と、久しぶりにプレイしてみてつくづく感じました。

いまでこそ、『ぼくの夏休み』や『どうぶつの森』など、自然の中でのんびりした空気を楽しめる「癒し系」ゲームって増えていますけど、『牧場物語』が登場した頃にはそういったものって他になかったように思います。初期の作品はもちろん今のようにリアルなグラフィックではなかったけど、ドット絵だった頃から『牧場物語』は他にはないちょっと独特の空気を放っていました。一応シミュレーションゲームなので、牧場を大きくしてお金を稼いだりしてもいいんだけど、別にしなくてもいいっていう自由さが新しかったんです。牧場は放っておいて、毎日魚を釣って暮らしても別にいいんです(笑)。敵を倒したり、点数をかせいだり、という分かりやすい目標をかかげたゲームばかりの中で、私は『牧場物語』の中でブラブラ過す時間がとても好きでした。ある空間の中で好きに過す、という発想はとても斬新で、その後に続く「癒し系」ゲームの大きな布石となったように思います。

このゲームは子供に遊ばせたい希有なゲームとして、いま子供のいるお母さんにたいへん人気があるそうです。私も子供がいたら一緒に遊びたいかも。今度プレイステーション2でも出るそうですよ。ゲーム嫌いなお母さんにもぜひお勧めしたいです。

あーあ、はじめて書いたブログがすごい長文になっちゃった。(^^;;

文責:Patことm

[PR]
by perky_pat | 2004-10-13 23:08 | 人形・おもちゃ | Comments(0)
/////////////////////////
雨ばかり。起きて外が雨天だとがっくり来ます。雨嫌い。

うちに昔いた猫の話です。かれも雨の日が大嫌いで、窓から外を眺めて雨が降っていると、雨をこちらの仕業だと思うのか、僕ら人間に文句を言いに来ました。ふたことみこと、ひとの顔を見ながら、にゃーだとか言うだけなんですけどね。無論そんなことをされても、「あーまた雨が降ってるのかー、鬱陶しいよね(でも僕らを恨むのはお門違いだよ)」と、返してアタマでも撫でて慰める以外は、なんともしてやることはできないのですが。でもかれは文句を言うと気が収まるみたいで、そのあとはお気に入りのソファで寝るのがいつものパターンでした。さて、雨降りの日、僕は誰に文句を言いに行こう?

どこへ行くのにもなにがしかのカメラを携帯していきます。でも雨降りの日は、その持ち出すカメラの選択にはいつもよりもほんの少し気を使います。なにせ精密器機ゆえ、ぬれるとマズイものも多いので。とはいっても実際は、カメラがびしょびしょになるような状況で撮影することなんてのは、まずないんですけどね。それでも、JIS基準なん級かの防水/滴機能が施してあるオリンパスのμIIを買ってからは気を使わなくてよくなりました。これ雨の日カメラ。


--
ごめんなさい、買い物に行っていまして中座しました。夕方まで断続的に降っていた雨が上がったようで、出る時は傘要らないかな、と思ったのですが、一応持って出ました。このあいだ○Iのセールで購入したばかりの新しい傘なので、持つのが嬉しいのもあるのだけれど。買い物を済ませ店を出ると、外は何時の間にか大雨。傘持って来てよかったです。ぬれながら雨の中を小走りで行く、傘を持たないひとが何人もいました。

いつものようにカメラも持って行きましたが、なにも撮りませんでした。「雨の日カメラ」まで持っているのに、雨の日に外出先でなにか撮影するなんて、じつは僕は殆どしないもので…;-)。カメラはあると安心なので、どうやら持って出てるだけみたい。お守りみたいなもんでしょうか。


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2004-10-12 20:43 | 日々徒然 | Comments(0)
weblogの書き方
blogの作法というものがあるのかないのかわかりませんが、blogというもののテキストというのは、短くビシリとキメるものであるらしい。それが粋ってなもんなんでしょうか? そうやるとクールなんでしょうか? きゃーかっこいい、ice ice iceって感じ? mに「あなたの文章は長い」と言われた。共同でやりましょうとはじめたのに、「書くことがない」とちっとも書かないきみのかわりに書いているんじゃあないか、おれは。なれば必然的に長くなるでしょう?? 書くことがない?? 書くことなんてなんでもいいのよ、書くことなんて。おれなんてじぶんのサイト用に書くときも、なにも見当つけないままいきなり書きはじめること多いよ。現に今だってそうだし。ほら、よく作家なんかが口にする、「主人公がかってに動き出す」状態、あれを待てばいいのよ。書いてればななんとでもなるよ。継続は力なりというでしょ。あ、ちょっと違うか。閑話休題、まずは一文書いてみましょう。


「きょうわたしはマルエツへ買い物に行きました」

はいよくできました。ここではマルエツだけど、マルエツでもヨーカドーでもマルイでもとうきゅうでもサンバードナガサキヤでもなんでもいい。きみの好きなスーパーでいいんです。べつにその日マルエツに行った事実がなくてもいい。ウソ書いてもそんなのわかるひとなんか居ないって。


「買い物の帰りに向かいの本屋に寄りました」

おお、ほうらいいじゃないの! 読者のみなさんに何かが起こるよか〜んみたいなものを期待させるこの文章! そこで立ち読みでもした本のことでも書きゃいいのよ。おもしろかったとか、つまらなかったとか、こんなことが書いてあったとか、読んでこういうふうに思っただとか。


「立ち読みした『すてきな奥様』に、美味しそうな芋の煮っ転がしの作り方が書いてありました」 おわり

そうそうそう、これだけでいいのよ。グッジョブグッジョブ! 言っておいたほうがいいかな、前提として、ここでは一応「読者」というものの存在を想定している。読んでもらうこと。そして楽しませること。且つなにがしかの情報を与えること。websiteもそうですが、weblogも、これを全て、あるいはそのうちの何れかひとつをする場です。上の例では、「美味しそうな芋の煮っ転がしのつくりかた」が、『すてきな奥様』誌に書いてあるという情報を読者のひとに与えることができました。これだけ、これだけでいいんです。このweblogにやって来て、このテキストを読んだある主婦は、明日の朝、旦那と子供の送り出しもそこそこに書店に赴き、わくわくしながら『すてきな奥様』を手に取り、「美味しそうな芋の煮っ転がしのつくりかた」を読むかもしれないのです。場合によっては本を購入するかも知れません。そうなれば、本屋さんの懐を潤おわせることもできるんだぞ、きみの書いた文章で! 素晴らしいことじゃないか?


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2004-10-11 02:28 | 日々徒然 | Comments(0)
monsiur m vs. perky
きのうは友人m氏と CEATEC JAPAN (シーテック・ジャパン)に行って来ました。某電器メーカーにハウスデザイナーとして勤めている、かれのデザインしたケータイが、コンセプトモデルとして展示されるというので見に行ったのでした(なに?このカタカナだらけのイケ好かない文章!)。この友人は通っていた高校のサークルの先輩に当たるひとで、会うのは2年ぶりぐらい。お互いそんなに会ってなかったような気はあまりしなかったけれども。

神戸から新幹線でやってくるm氏と朝9時半に東京駅で待ち合わせて、京葉線で幕張へ。幕張って遠いからよほどのことがないかぎり(その「よほどのこと」も無視できるものが殆どなのだが)行きません。会場に着けば、午前中なのにもう結構なひとの数。平日でこれなのだから、休日はもっと混むんだろうなと思いました。それと天気。その前の日までの雨天がウソのようによいお天気でした。m氏は有名な雨男なので、僕は当日までヒヤヒヤしていたのですがね。かれの会社、○○○○のブースへ。あったあった。件のコンセプトモデルは専用のケースに入れられて、手に取ってみることはできなかったのですが、めちゃめちゃかっこよかった。事前にシーテックのレポートサイトで画像は見ていたけど、実際に見た方がやはりいい。ケータイというよりも、いろいろなことができる情報端末という感じかな。飽くまでコンセプトモデルなので、このままで生産/販売されることはまずないとのことだけど、売り出したら絶対売れますよ、これ。僕買います(ブースのコンパニオンのおねいさまも「私も欲しいです。色はカーキで」と言ってましたぜ)。匡体のメタリックな色使いが、ABU(スウェーデンの釣り具メーカー)の昔のリールのカラーを思い起こさせたので、「ABUのリール意識したでしょ?」ときいたのだけど、否定された。オールドのフィッシングタックルをコレクションしているm氏の頭にそのことがなかったとはとても思えないんだがなぁ。恥ずかしがるかれを、自分の作品が入っているケースの横に立たせ、1枚写真を撮影。

その後かれの会社のライバルのひとつでもある○○○のブースへ。行けば現在CMキャラで起用している、○○様のでっかいポスターが上から何枚も吊るされていてビビる。「これ○○様? なんか○○様ってオバハンみたいやろ」。あ、それ僕も同感、mさん。ウチの嫁さんも同じこと言ってますよ。「あー、ここのデザイン、いつみてもホンマおもろいわぁー」。自社製品のデザインも誉めましょうよ。僕個人は○○○の最近のデザインって、どれ見てもあんまり驚きがないので感心が薄い。

チバからトーキョーへ帰ってきて、六本木ヒルズへ行った。ぐるーっと廻ってやっぱりつまんないので早々に出、ちょっと街並みが見たいと言うので、そこから夕暮れの青山方面に歩き出す。途中、アンティークウォッチの店を冷やかして、最終的には渋谷へ。東急でm氏は鳩サブレを購入。奥さんと娘さんが好きなんだそう。神戸でも手に入るもんだと思っていたけど、どこにも売っていないらしい。元町の大丸とか行けばいかにも買えそうなのに。ちょっと意外。東急では僕もシフォンケーキを購入。嫁さん aka mから昼ごろに「お土産よろしく」とメールが来たので。

まだ帰りの新幹線に乗るまで時間があったので、飲みに行くことにした。喋りどおしで笑いどおし、あんなに関西弁を使うのも久しぶりで、とにかく楽しかった。脳がすこしは活性化したんじゃないかしら。渋谷から東京までまた送って行こうと思っていたのですが、気遣い無用と言うので、渋谷駅から東京駅までの行きかたと、大手町での丸の内線への乗り換え時の注意事項だけ伝える。渋谷駅の同じホームで、僕は田園都市線、m氏は半蔵門線の電車に乗り、お別れ。朝8時半に家を出て、帰るとちょうど12時間経っていました。楽しかったけど、さすがに疲れた。m氏はもっと疲れたことだろうけど。

お疲れさまでした。


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2004-10-08 20:42 | 日々徒然 | Comments(0)
sonic vs avedon
The Sonic Youthを聴き始めたのは、LPで言えば "Bad Moon Rising" が出たあたりのころ。当時のこのバンドの知名度のことを思えば信じられないけれども、国内盤が出ていた。僕はこのレコードを聴いてグループにハマり、"Goo" を手にするまでは、良きリスナーであり熱心なファンだった。ホントに。それに、今は主だったものを除いて手放してしまったけれども、かれらにそれなりの時間とお金を注ぎ込んだと思う。

"Bad Moon Rising" が出た翌年(1986年)には "Evol"、次の年には今回とりあげている "Sister" をリリースしている。マイナーバンドだった The Sonic Youth の名が、それまでよりも少し知られるようになったのは、"Bad Moon Rising" だろうけれど、それからしばらくして訪れるかれらの幸運(?)をもたらしたのは "Sister" だろう。はじめて聴いた時にもそう思ったけど、今聴いても名盤だと思うに違いない。思うに違いない、と書いたのは今は聴くことがないから。よく言われるように、思い出は、それが思い出だからこそ美しいのです。

ジャケットはキンキラキン、でもないか。見ればわかるように雑多な角版の写真を並べて、セロファンテープで貼り付けて、その上から金色のインクペンでいろいろ書/描いている。CHROMEのジャケットを下品にした感じ。写真を見てみよう。どこかの家の寝室とか、彗星とか、OX3頭とか、赤ちゃんとか。べつに使われている写真に意味はないように思う。オーバーオールを着た女の写真。歳は…そうだな、鮮明じゃなくってよく顔が見えないけど、18、9ぐらいかしら。サイケデリックな模様がかぶせられている。古のライトショーみたいなやつ。

大学に通っていた時分だったと思うけど、ある日タワレコでCD版の "Sister" を手に取った。好きなレコードはそうしてたから、"Sister" もCDで買い直そうとしたのかも知れない。でも結局買わなかったのだけど。手に取ったジャケットを裏に返すと、なにかしらの写真があったはずの左上の一角がスミで塗りつぶされている。なにがなんだか訳がわからなくなって、「?????」としばらくその場で固まってしまった。家に帰りLPの同じ箇所を見ると、そこは「オーバーオールを着た女の写真」があった場所。この写真を使ってヤバいことになったのかなと推測。

b0035072_2134663.jpg


今年、10月に入ってすぐ、リチャード・アヴェドンという写真家が死んだ。81歳。客死。なんという幸せな死に方。『VOGUE』などファッション雑誌の仕事をはじめとして、主に人物撮影がかれのフィールド。アヴェドンの名前は知らなくても、彼の撮った写真をどこかで見たことがあるひとは多いと思います。有名だから。かれの代表的な作品(集)のひとつが "In the American West" 。名前の通りで、アメリカ合衆国の西部に暮らす様々な職種の人を撮ったもの。よければここのページに行ってください。抜粋を見ることが出来ます。「アレン・シルヴィ:流れ者」、「キャロル・クラッテンダン:バーテンダー」、などとその下にプロフィールが記された人物写真が掲載されています。そのつぎのページに行ってみてください。先ほどと同じようなページです。そのページの上部に、そばかすだらけで、髪の長いオーバーオール姿の女の写真がありますが、これがまさに「オーバーオールを着た女の写真」なのでした。

正確には女というよりも女の子。写真の下にやはりプロフィールを見ることができます:「Sandra Bennett, twelve year old」。Sandraちゃん12歳。12歳ってどんな職業だろう? オレもなれるもんならなってみたいぜ!という言い掛かりに近いヨタは置いといて、ある日を境に "Sister" ジャケにスミが塗られたのは、おそらくはこの女の子の写真を無断で使ったからでしょう。余談ですが、アヴェドンってギャラがべらぼうに高いらしく、作品使用料もそれに準ずるものだと思われます。でも、使用料を払う払わないじゃなく、それよりも作品を無断で使用した、というところがアヴェドンの怒りに触れたんだろうなー、と部外者の僕はかってに想像するのですが。

ところで、タワレコでスミ塗りsisterCDを手に取ったあの日からしばらくして僕は、ひょんなことから件の写真がリチャード・アヴェドンの手によるものだと知りました。写真家の名前は知っていたけど、その作品は知らない。逆の場合も多いけど、だいたいそんなもんでしょ。

アヴェドンの訃報を聞いて思い出したことがらでした。



文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2004-10-05 21:04 | 音楽 | Comments(0)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧