日々徒然 +
by perky_pat
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:日々徒然( 79 )
皇居のハチミツ
b0035072_22511662.jpg
コレ、皇居のみかんの花から採れたハチミツなんだそうです。表参道のBROWN RICE CAFEにて発見。ラベルもシブイですよね(笑)。「一番蜜 皇居 みかん」と、はんこが押してあります。味見してみたら、ハチミツ特有のアクが感じられないすっきりとした味だったのでひとつ買ってきました。以前、ギリシャ土産にもらったハチミツがあまりにクセがなく美味しかったので、それ以来ハチミツの味がとっても気になるようになってしまいました。後味が残らないくらいスッキリしたハチミツってなかなか見つからないのですが、これなら、ヨーグルトやハーブティー、フルーツにも合いそうです。

生産元に岩手とあるので、気になってメーカーサイトを調べてみたら、永田町のビルの上で養蜂したものを「皇居周辺蜜」として商品化していることが分かりました。ビルの上で。。。と言えば、話題になっていたのでご存知の方も多いと思いますが、銀座のビルの屋上で養蜂する「銀座ミツバチプロジェクト」もこのメーカーが技術提供しているんだとか。都会のビルで採れるハチミツがこんなに美味しいなんて、なんだかスゴイ!! ほかにもいろんな種類のハチミツがあるので、いろいろ試してみたいです(^^)。

藤原養蜂場(通販もあります):
http://www.fujiwara-yoho.co.jp/index.html

BROWN RICE CAFE(オーガニックフードのカフェ。気に入ってます):
http://www.brown.co.jp/cafe/

文責:Patことm
::: おまけに本日のチーパク :::
b0035072_22512690.jpg
b0035072_22514064.jpg
::: ハチミツはもらえなかった :::
[PR]
by perky_pat | 2008-03-06 23:00 | 日々徒然 | Comments(2)
行った 喰った 買った
年明けからの仕事がひと段落ついたので、今日は休みを取って近所にできた温泉へおでかけしてきました。住宅地の真ん中にできた天然温泉の施設なのだけど、広々として露天風呂も充実しているし、ちょっとしたリゾート気分を満喫! 岩盤浴にエステなど、追加メニューも盛りだくさんで、半日のんびり過ごせました~。これはリピート決定です☆

温泉があまり好きではないperkyに代わり、昨夜から泊り込みで遊びに来ていた妹のA子。最近お菓子とパンに凝っているそうで、チョコレートのシフォンケーキ(うさぎの模様が入ってる)を持って来てくれました。私も負けじと(?)久々にクッキーを焼いてみたのですが、クッキーって粘土細工みたいで行程が楽しい~。perkyと一緒にチョコレートで模様付けするのもおもしろかったし、また焼こうっと。
b0035072_213359.jpg

b0035072_214547.jpg
さてこれはなんでしょう?
b0035072_221347.jpg
答えはファブリーズカバー。。。でも中に入ってるのはリセッシュ(^^;;。スーパーで見つけて衝動買いしてしまいました。黒猫とか全部で4種類くらいあったかな。このカバーにしたとたんパクチーに狙われまくっているので、実用性を考えるとぜんぜんお勧めできません(笑)。

文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2008-02-19 01:50 | 日々徒然 | Comments(2)
「どん兵衛」を語ってみた 【1/12 追記あり】
昨年神戸に帰省したときのこと。家にあった「どん兵衛 きつねうどん」を何気なく作って食べたのです。一口食べたとたん、「あれっ? 味薄い。スープの粉の量間違えたっけ?」でももちろんスープは袋にあるものを全部使っているのです。おかしいな〜。。。ん? もしやこれがウワサに聞く、関東と関西の味の違いってやつ? 

インスタント食品やお菓子など、関東と関西ではそれぞれの地方で口に合うように微妙に味付けを変えてるといいますよね。実証するべく、スーパーで関西の「どん兵衛」を買い、お土産として持って帰ってきました〜。関東のスーパーで買った「どん兵衛」と較べてみることにしましょう!
b0035072_19274487.jpg
関東  関西

ではまず外見から。向かって左が「関東版」、右が「関西版」です。大きな違いは関東版は「鰹だし」と表示してあるのに、関西版では「鰹・昆布だし」となっていることですね。
b0035072_19281850.jpg
関東  関西

フタに書いてある通り中身にもちゃんと違いがありますよ(注目点は黄色で印を入れました)。右の関西版ではちゃんと昆布エキスがプラスされています。他は同じものが入っているのですが、左の関東版ではスープの醤油や糖類の配合が多いようで、リストの順番の上の方に入っていますね。そして昆布エキスのせいなのか、1食あたり関西版の方が1g多く、カロリーも1kcal多いことが判明しました! 同じ値段なら関西版がややお得? 栄養価も微妙に異なってますね。ちなみに原材料表記の面のいちばん下に入っている「合成保存料〜使用しておりません」の表記、右横に(E)と入っているのがEastで関東版、(W)と入っているのはWestで関西版を表してるのだとか。
b0035072_19284846.jpg
関東  関西

さて、いよいよフタをめくってみましょう。左の関東版はスープの袋が青く、関西版は赤という違いがありました。目を引くのは揚げの色味の違い。関東版はツヤがあり色も濃いめですが、関西版はツヤ消しで色も薄め。味付けの違いがはっきり見た目に出ています。撮影用に直してしまったのですが、じつは関東版のスープの袋は揚げの上に乗っているという違いもあったのです。工場での行程がちょっと違うのかもしれません。
b0035072_19285874.jpg
関東  関西

お湯を入れて待つこと5分! さてさて、美味しそうに出来上がりました。交互に食べながら違いを舌で確認しましたよ〜。まずはスープ。左の関東版は写真で見てもスープの色が濃いですが、飲んでみてもやはり醤油と塩の味が濃いです。スープだけ飲むとちょっと濃いな、という味。それに較べると関西版は塩味が先に来て、やや薄いと感じました。揚げと食べるとちょうど良い感じなのかな。思ったより昆布のだしは効いてないかも(^^;;。次にお揚げ。関西版は甘いです。ふっくら甘め。関西人のperkyに言わせると関西のきつねうどんにのせる揚げは甘くなくてはならないのだそうで。そして関東版はスープと同じように醤油と塩の味が強く甘みは後に来る感じでした。個人的にはこっちの揚げの方が好きだな。

そんなこんなしているうちに私的最強の食べ方を発見してしまいました。
それは… 「関西のスープに関東の揚げ」
うす味スープに濃いめの揚げがちょうど良いアクセントになってオススメです!
ただ「関東のスープに関西の揚げ」の相性はあまりよろしくないんですよねー。
なのでこれはとっても贅沢な食べ方じゃないかしら(笑)。

ちなみに関東でも関西でもない地方ではどんな「どん兵衛」が売られているのかというと、どっちかの「どん兵衛」が売られているのです! 関ヶ原が西と東の分岐点だそうですが、私の出身地富山では関東版、富山のお隣石川県では関西版が売られているらしい。。。私、石川県にも住んでいたことがあるので、これまで2種類とも食べたことあったんですねー。ぜんぜん気づいてませんでした。関東、関西の味の違いってときどき話題になるけど、自分で食べてみると結構おもしろいですよ。ところで神戸のスーパーで「どん兵衛、どん兵衛」と熱心に探す私を見た義母はよほど好きなんだと思ったらしく、先日送ってくれたおもちなど食材の荷物の中にしっかり「どん兵衛」も入ってました(笑)。

文責:Patことm

【1/12 追記】
おなか@weak さんからいただいたコメントで判明したのですが、富山で販売しているどん兵衛は「関西版」でした! 富山に指令を出してスーパーでリサーチ(by A子)を行ったところ、その通りと確認されましたのでここに報告いたします。おなか@weakさん、どうもありがとうございました☆ ネット検索してみたら、地域限定商品が通販できるサイトもあるんですね。中国・四国・九州限定の「ごぼう天うどん」がすごい美味しそう~! お腹空いてる時に見ると危険なサイトです(笑)。


◎日清食品 日清のどん兵衛 きつねうどん [西] (発売地域の図があります)
http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_1161.html?bl_cd=3

◎日清eめんShop(地域限定商品が通販で購入できます)
http://shop.nissinfoods.co.jp/
[PR]
by perky_pat | 2008-01-09 21:40 | 日々徒然 | Comments(8)
初詣
3日、川崎大師へ初詣に行ってきました。前回はクルマで行って、駐車にとても苦労したので(ぐるぐるまわってやっと見つけた空パーキングは、お寺まで徒歩で15分も離れた場所でした)、今回は電車で。京急川崎駅から大師駅までは5分ぐらい。

b0035072_004390.jpg
まずは住吉屋の麩まんじゅう(こしあんがよもぎ風味の生麩で包んである)を買い食い

b0035072_005055.jpg
午後3時ぐらいの時点での、参拝客の行列の最後尾。寺からどれぐらい離れているのかよくわからない

b0035072_005580.jpg
行列ができているだろうなとは思っていたけれど、ここまでとは

b0035072_0187.jpg
しかもなんだか遅々として、列はほとんど進まない

b0035072_005967.jpg
やっと小さい方の山門が見えてきたよ、もう少しだな!


b0035072_01478.jpg
…と思ってたら、「本堂まで約30分」の札!! しかもそのすぐ上の横断幕には 「 あけまして おめでとう ございます 」 だって! むかつく! ムキーッ!!!! ここまでで並び始めてだいたい1時間半

b0035072_011273.jpg
大山門。ここに着く頃には、寒くて疲れてお腹すいて惨めな気持ちになってる

b0035072_011669.jpg
山門をくぐり、やっと境内へ。でもここでも入場制限が。 あ、機動隊のお兄さん、ご苦労さんです

b0035072_012124.jpg
本堂までもう少しだが、目の前でまた止められる ムキーッ!!!! 

b0035072_012516.jpg
お参りが終わり、やっと人間らしい気持ちを取り戻して本堂から山門方面を臨む

b0035072_013068.jpg
「ゆっくりすすんでくださーい」と、なぜだか「ー(音引き)」まで書かれている

b0035072_013483.jpg
おみくじを引く。「末吉」。ちなみに女房は「凶」。2時間も並んだのに ムキーッ!!!!(笑)

b0035072_0140100.jpg
結局、参拝客の列に並び始めてから本堂に入りお参りするまで、2時間かかりました。列に並んだ時点で「2時間並ぶことになりますよ」なんてこと聞いたら、やめてたかもなあ。去年、神戸の生田神社へ初詣行ったときも結構な時間並んだけれど、2時間も並ばなかったもんね。それにしてもこの周辺に住んでいるひとたちは、自分の家からクルマを出してお出かけすることもなんかままならなくって、この時期は迷惑被っているんだろうか。あ、でも慣れてるか、毎年のことだし

b0035072_014543.jpg
お参りのあとは、仲見世をとおって商店街を抜けて駅まで。甘酒、モツ煮込み、揚げまんじゅうを道すがら買い食い。寒くてめちゃくちゃハラへってたこともあって、どれもとっても美味でした


●今回の写真はすべてケータイ(DoCoMo SO903i)のカメラで撮影したものです

text: vicke aka perky
[PR]
by perky_pat | 2008-01-04 23:48 | 日々徒然 | Comments(4)
osechi

あけましておめでとうございます☆
みなさま、どんな元旦をお過ごしでしょうか?

今年は忙しいお正月になる予定だったのがずれてしまい、帰省もせずヒマにしているという「史上初」のお正月になりました。おかげで大掃除をする時間がちゃんと取れたのが良かったな~。きれいなお部屋で迎えるお正月って気分スッキリでいいですね。おせちを作ってても楽しいし。
では記念にうちのおせちを公開~。
b0035072_0105120.jpg
我が家のお雑煮です。。。。。。って、これはお犬用(^^;;。
おもちのかわりの大根やハートの形の人参、鶏肉、ローストビーフなどをトッピング!
人間のお雑煮用のだし汁で戻してるので美味しいはず。パクはいつもの何倍も興奮して、まずはローストビーフからガッツリいってました。
b0035072_01151.jpg
次こそは我が家のお雑煮。
かつおだしに鶏と人参、ゴボウ、神戸の実家風に焼き穴子も加えたスープにエビの煮付けと三つ葉、刻み柚子をトッピングします。四角いお餅は昆布をしいたお湯でゆでておきます。私(富山)の実家と神戸の実家のお雑煮は味も見た目も良く似ていて、穴子とゴボウを入れるか入れないかの違いしかないんですよねー。なのでどっちも入れて折衷雑煮にしてしまいました(^-^)。
b0035072_0112677.jpg
次は、いつも帰省してしまうのでほとんど使ったことのないお重。朱に金の菊が全面に入っていて、とっても気に入ってるものです。他にも陶芸家の友人からもらった器が大活躍してくれました。基本的に伝統的なおせちが好きなのですが、自分たちだけだと食べたくないモノは入れないのでカタヨリはありますね(^^;;。
干し柿入りのなます、母が漬けたいくら、卵焼き、ブリ照り焼き、ローストビーフ、豚の角煮、筑前煮、大根の菊花漬け、富山直送平目の昆布締め、サーモンの昆布巻き。。。この他、黒豆ときんとん、かまぼこは買ってきたものだけど、あとはPerkyと手分けして手づくり。結構がんばった~(笑)。

料理の最中は全く落ち着きの無いパクチーですが、エプロンを欲しがったので腰に巻いてやりました。
b0035072_0113631.jpg
あたしきょうからウエイトレすさんになゆのにきめたのよさ
りょうりのおさら あたしがつくえにもってくかや ちょうだい
はやく ちょうだい!

訳: 私、本日よりウェイトレスとして働き日頃のご恩返しをする気持ちでいっぱいです。
お料理の載ったお皿は私がテーブルまで運びますので、私におまかせください。
ええええ、ご安心ください。早くお料理を持ってきてください!


文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2008-01-01 23:47 | 日々徒然 | Comments(8)
先週
先週は、木曜の朝に帰省先から戻ってきてから日曜日、つまり昨日までなんだかバタバタしていました。いや別にしなきゃいけないことでいっぱいで忙しいとかそんなのじゃなくって、ただたんに落ち着かない、というような状態が続いていただけなのですが。週が明けたら気が抜けたのか、僕、女房ともいまはちょっと風邪気味。


● 木曜は深夜の高速(ETC+深夜×長距離だと、料金が30パーセント引きになります)を運転して神戸から我が家へ帰ってきて、10時ぐらいから睡眠。その夜は義妹のaちゃんが来て、3人で近くの回転寿司屋に寿司を食いに行く。

● 翌日はaちゃんと女房をちょっと離れた病院までクルマで送り、夕方から中目黒まで髪を切りに行く。うちからだと電車を2回も乗り換えないといけないので髪を切りに行くのはいつも億劫になるし、前回切ってもらってからそんなに時間が経っておらず、まだ訪れる時期でもないのだけれど、日曜に出かける用事があるので仕方がない。髪を切ってもらっている間にすさまじい睡魔に襲われ、「カクッ」とみごとに墜ちる。ハサミとクシを持ってるトール君に「ごめんね〜」と謝るが、その後もなんども「カクッ」。そんなにも疲れている自覚はないのですが、疲れているのかしらと、晩ご飯は中目黒駅そばのカレー屋。スパイスが効いたカレーで薬膳効果があるのかどうかは不明だけれど、疲労快復を狙う。でもここなんとなく味が落ちたような気がします。

● 土曜日は女房が人形のお友達たちと会う予定があるので、ヒマだった僕は待ち合わせ場所の川崎までついていく。女房と別れたあとはいろいろ見て回る。川崎の駅前はいつもたくさんの人出で僕はすぐに疲れてしまうのだけれど、果たしてこの日も人ごみですぐに疲れてしまい、家に帰りたくなる。夕方近くにお腹が減ったのでリンガーハットで長崎ちゃんぽん。お友達と晩ご飯食べてから帰ります、という女房からのメールがあったので、かの女より先に家に帰る。電車に揺られている40分ほどの間は爆睡。夜は中村屋のチキンのインドカレー(またカレーです、はい)のレトルトパックを買って帰り、米を炊き、キャベツを中心にありあわせの野菜でコールスローをつくってディナー。食べ終わったらパクを連れて散歩がてら女房を駅まで迎えに行く。

● バタバタの最終日、9日の日曜日はJR川崎駅に程近い音楽ホールへコンサートを観にいく。昨日に続いての川崎駅前だけど、これが今週のシメでメインイヴェント。第九(合唱付)でイトコのKくんがタクトを執るのだ。かれの公演に行くのはすごく久しぶり。コンサートが終わった後は、もうひとりのイトコのkちゃん(Kくんの妹)とラゾーナ川崎内の「Afternoon Tea」でお茶。kちゃんはよくしゃべるが、うちの女房はもっとよくしゃべるので、女ふたりですっごくしゃべっているのを肴に僕は目の前の皿のなかのミートローフ紫キャベツのザワークラウト添えをフォークでちょとずつつついて口に入れる。肉はもう少々しっかりした方が好みだけど、けっこうおいしかった。kちゃんに最近名前を聞くことの多い「堂島ロール」をおみやげに渡し、18時ぐらいに解散。夜はソース焼きそばが食べたくて、麺、野菜などの材料を買い物をして帰り、ホットプレートで調理。そういえば、帰省から戻ってきてから外食ばっかりだった。それにパクチーの相手もあんまりしてやらなかったなぁ、と思う。


文責:perkyことvicke
b0035072_2313298.jpg
ここのホール、はじめて行きました。スイス製のパイプオルガンが設えてあります。こんどはそれの音が聴いてみたい。どなたか、メシアンばっかり、とかぜひやってください。僕絶対行きますから

※写真は演奏終了後に撮影したものです

[PR]
by perky_pat | 2007-12-10 23:19 | 日々徒然 | Comments(0)
花火を見に行った
一時的に忙しくなって、「どっか行きたい病」の症状が。遠くへ行きたいけど、それは無理なので近場へ。パクは留守番させて、女房と花火を見に行ってきました。

「世田谷区たまがわ & 川崎市制記念多摩川花火大会」
http://www.excite.co.jp/season/event/sid_00161186230773.html

近くなので、もうほぼ毎年見に行っている人気の花火大会ですが(去年のぶんはこちら)、今回はいつにも増して人が多かったような気がします。いっぱい出ていてほんと目移りする屋台で焼き鳥、焼きそばなどを購いました。ビールのあて。焼き鳥は去年食べたほうがはるかにうまかったなー。いやそんなことは置いといて。昨日までの暑さがちょっとおさまって、きょうは風まで吹いてて涼しくて、とても快適でした。この花火見ちゃうと、夏も終わりだなと思うんですけどね。来年も行きます。

文責:Perkyことvicke

b0035072_0201015.jpg
b0035072_0201779.jpg
b0035072_0202358.jpg
b0035072_0202718.jpg
b0035072_0203521.jpg
b0035072_0205884.jpg
b0035072_02197.jpg
b0035072_0211678.jpg
b0035072_0212080.jpg
b0035072_0212527.jpg
b0035072_0213173.jpg
b0035072_0213545.jpg
b0035072_0214088.jpg
b0035072_0214451.jpg
b0035072_0215210.jpg
b0035072_0215651.jpg
b0035072_022177.jpg
b0035072_022568.jpg
b0035072_022105.jpg
b0035072_0221515.jpg
b0035072_0221941.jpg
b0035072_0222443.jpg
b0035072_0223311.jpg
b0035072_0223749.jpg

今回は目の前にいた白いワンピのお姉さんがいろんなポーズをとってくれました。
どうもありがとう。

[PR]
by perky_pat | 2007-08-18 23:36 | 日々徒然 | Comments(4)
エアーポケット
土曜日はぽっかり仕事が空いたので久しぶりの休日。家の掃除でもしようかと思っていたのだけどすばらしくお天気が良かったので、見たかったヘンリーダーガー展へ出かけることに。向かった先は品川の閑静な住宅地にひっそりとたたずむ原美術館。中庭のカフェも気持ちよくて、こんな日にはぴったりのところです。
b0035072_136282.jpg
ヘンリーダーガー〜少女たちの戦いの物語〜夢の楽園
2007/4/14〜7/16
◎原美術館 web site

◎ヘンリーダーガーってどんな人?(チラシから抜粋)
1892年シカゴに生まれ幼くして母と死別。父の病のため8歳でカトリック系児童施設に預けられ、その後感情障害の兆候をきたし重度の精神遅滞児童施設へ収容される。満足な教育を受けぬまま17歳で施設を脱走。以後皿洗いや清掃の仕事をしながら、11年以上かけて「非現実の王国〜中略〜アンジェリニアン戦争の嵐の物語」を執筆。さらには独学で絵を学び、物語の挿絵を描き部屋中に飾りつけていた。81歳で亡くなるまで天涯孤独の人生を送り、その創作活動は死後はじめて世に知られることとなった。

ヘンリーダーガーと言えば、しばらく前に立派な大版の書籍も出ましたしご存知の方も多いのではないでしょうか。いわゆるアウトサイダーアートの作家としてここ数年とくに注目が高まっているようですね。ただロリコン、倒錯、猟奇趣味といった側面を取り上げられることも多くダークなイメージも強かったように思います。今回の展覧会では明るい印象の作品を多く揃えたということで、とてもイノセントな印象を受けました。画風は薄い紙にカーボン用紙で女の子の決まりポーズをコピーし、そこにHBくらいの薄い色の鉛筆で絵を描き足し、花畑や青空、青々とした草むらを思わせる色の水彩で細かく着彩してあるというもので、実際、絵の印象はとても繊細できれいです(しかも裏にも同じように絵が描いてあってビックリ)。繰り返し登場する少女のイメージも、イコンのようなもの、善なるものの象徴という感じですし、素っ裸で戦っている少女の絵なんかエロティックというよりユーモアが溢れていました。色彩、絵のタッチ、ぶっとんだテーマといい、どれをとっても現代の絵描きとして通用するモダンなものです。お客さんも若い人を中心にたいへん賑わっていました。技術的な難はあるのだけど、そういったものを超越してしまうイマジネーションとグラフィックアーティストとしてのセンスが溢れていて、とくにコラージュを多用した作品を見るにつけ、この人は現代に生きていてパソコンとフォトショップなんかを使っていたら、きっとすごいアーティストになっていただろうと思います。100年早く生まれちゃったんでしょうね。孤独の一生を過ごしたということだけど、死後に自分の作品がこんな風に評価され多くの人に楽しんでもらっているということをダーガーはどんな風に思うのでしょうか。
b0035072_1364983.jpg
帰り道、美術館のすぐ側で見かけた猫。スポットライトを当てたように顔が白いのがおもしろい。
Perkyはお腹がふくらんでいるようだったと言うのだけど私は気がつかなかった。
このあたりは古い高級住宅地なので、凝った家々を見ながらぶらぶら歩くのも楽しいです。

b0035072_1371198.jpg
b0035072_1371744.jpg
日曜は仕事に出かける前に代官山へ立ち寄り。人形趣味の方はご存知かと思いますが旧ももこ堂の閉店50%セール(!)にて前から欲しかった人形を一体ゲットしてうきうきして徒歩で渋谷へ帰る。と、モヤイ像の側で介助犬の寄付金募集をやっている。。。とそこに、なんとビーグル犬が愛想よくお座りしているではありませんか! 思わず走り寄り、このコは何ができるんですか?と訊ねると、これから聴導犬の訓練を始めるということでした。聴導犬とは耳の不自由な人の代わりに音を聴き、たとえばお湯が沸いたら足をちょんと触って教えたり、音のするところまで案内したりもするそうです。なんて賢いのでしょう(驚)! このビーグルはシェルター(放棄された犬の収容施設)から良い性質を持っているということで引き取られ、第二の犬生のチャンスを与えられたわけです。もちろん、訓練したからといってすべての犬が介助犬になれるわけではないけれど、ダメでもちゃんと里親さんも探してもらえるとか。とっても美人で性格の優しい女の子で、パクに少し雰囲気が似ているように思いました。今1歳すぎくらいだそうだけど、パクよりずっと落ち着いていましたね〜(ちなみにうちではパクのことは「”要”介助犬」と呼んでいます)。将来は立派な介助犬になってくれるといいな。ちなみにこの介助犬協会についてはこちらへどうぞ。
◎アジアワーキングドッグサポート協会

てなわけで、なんだかちょっと癒された週末でした。
文責:Patことm
[PR]
by perky_pat | 2007-05-28 01:58 | 日々徒然 | Comments(2)
花火
b0035072_158841.jpg
b0035072_1582421.jpg
b0035072_158314.jpg
b0035072_1583839.jpg
b0035072_1584370.jpg
b0035072_1584872.jpg
b0035072_159562.jpg
b0035072_1591129.jpg
b0035072_159218.jpg
b0035072_1592638.jpg
19 Aug. 2006 17:15-20:00


土曜日は多摩川の花火大会へ。毎年行っているのですが、昨年は帰省の時期と重なって行けず。ここのところ休止状態だった世田谷の花火大会も、どうやら来年から再開されるみたいで、楽しみ。

「暑ーい。だりぃー。三脚重いー。もってくのやめ」。ということで、カメラいっこ(D50)だけもって行った。なので、必要以上にブレないように、ヨガみたいな姿勢で撮ってた所為か、きょうはからだのあちこちが痛い。


文責:Perkyことvicke
[PR]
by perky_pat | 2006-08-20 22:03 | 日々徒然 | Comments(4)
さくらのきせつ
さくらが咲く頃はいつも忙しいような気がします。ここ半月ばかりも数日おきにしか家に帰れない生活をしてましたが、ようやく山場を超えまともに帰宅できるようになりました。やれやれ。(^^;;

この時期、仕事場に隠っているとひとつだけ良い事があるのですが、それはさくらが見れる事。さくらの名所、千鳥が淵がすぐ側にあるので、毎日さくらの様子を見ながら仕事をしているんです。今週に入ってきれいに咲きはじめたので、帰宅するまえに早朝散歩に出ました。このあたり、昼ともなればさくら目当ての観光客でごった返しますが、朝6時〜7時くらいに歩けば、ランニングしている人や早朝出社するサラリーマン、たくさんの野良猫と猫にエサをやる老人をちらほら見かけるくらいで、ゆっくり観られてちょっとした贅沢ができるんですよ。朝の暗い光の中だとさくらの薄ピンクが濃く見えてとてもきれい。あいまにポツリポツリと見かけたおおぶりの木蓮や、小さな銀河系みたいに完璧なかたちの乙女椿が、さくらときれいなコントラストを作っていました。

実は私の住んでいる駅前のあたりも、規模は小さいながらさくら並木があってちょっとした名所になっているんです。この後はパクチーも加わって駅前でも花見散歩の続きを。。。(笑)。

春って、あたり前なんだけど、道を歩くといろんなお花が咲いていて楽しいですね。パクチーと散歩に出ると、危険なものが落ちていないかと地面を見て歩くのですが、そうするとこれまで気にも止めていなかったような、小さな花を咲かせた雑草が目に入ってちょっと嬉しくなるんです。私は花の名前を知らないので、花のガイドブックでも片手に歩けばもっと楽しいかもしれないな。

文責:Patことm

↓千鳥が淵のさくら。まだ7分〜8分咲きといったところ。
b0035072_5123418.jpg
↓千鳥が淵のそばの木蓮。奔放な姿が素敵。
b0035072_5131160.jpg
↓ここぞとばかりにお人形を持って。これは駅前の公園のさくら。
b0035072_5133010.jpg
↓思わずブローチか帯留にしたくなる乙女椿。
b0035072_5133971.jpg
↓そして花より落ち葉に夢中の乙女犬(笑)。
b0035072_5135040.jpg

[PR]
by perky_pat | 2006-03-29 00:56 | 日々徒然 | Comments(4)


about:

pat a.k.a. m、perky a.k.a. vickeのweBLOGページ「perky pat vs vicke = PPVV」不定期更新。書き手の詳細は以下の各々のサイトにてご覧ください。

the sites:::::::


channel_perkypat.info
on YouTube
http://www.youtube.com/user/perkypatinfo
--

flickr_Phakchii album
http://www.flickr.com/photos/perkypat/
--

pat aka m@ the days of perky pat
perkypat.info
--

vicke aka perky@ vickehappytalk
www.chez.com/vicke/
--

phakchii@
++ パクチー大盛り! ++
perkypat.info/phakchii/



mailto:::::::
info(a)perkypat.info
お手数ですが(a)を@に置き換えてください



Nummer
Site Meter


  

  

channel perkypatinfo



以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
>>モモ母さん 毎..
by perky_pat at 17:34
パクちゃん歴10年の日、..
by モモ母 at 10:25
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 11:07
8/21がまたやってきま..
by MIPPY* at 21:44
>>MIPPY* さん ..
by Pat at 15:09
大変出遅れまして(^_^..
by MIPPY* at 18:10
>>ハルクママさん ..
by Pat at 23:50
ロジちゃん、ペパくん、5..
by ハルクママ at 11:15
ラブママさん、コメントを..
by pat at 20:27
はじめまして、5匹のビー..
by ラブママ at 12:36
>>Tomパパさん ..
by Pat at 17:52
たいへんごぶさたしていま..
by Tomパパ at 17:26
>>ナナmamaさん ..
by Pat at 19:33
ブログを読んでは涙が出て..
by ナナmama at 11:07
>>とっきーさん、驚かせ..
by Pat at 01:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧